LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

意外と目立つ!女子力ダウン「指のささくれ」予防習慣5つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

乾燥が気になる季節は指先も乾燥し、ささくれができることも。ささくれはネイルの仕上がりを損ねるだけでなく、菌が入って炎症を起こしてしまうこともあるので要注意! そこで、今回はささくれの予防法をご紹介します。

A39944246

1.リムーバーの使用頻度を減らすか、チェンジ!

ネイルを落とす時に使用するリムーバー。頻繁に使用すると、爪だけでなく指先も乾燥させ、ささくれを引き起こす恐れがあります。セルフでネイルを楽しむ際は必ずベースコートやトップコート、持ちのいいネイルを使用するなどして、できるだけ長持ちさせることを心掛けましょう。また、リムーバーに含まれる成分「アセトン」が乾燥をまねくとの指摘もあります。リムーバーを使用する際はアセトンが含まれていない「ノンアセトン」の表記があるものを選ぶのも1つの手。

 

2.「お湯手洗い」や回数を減らす

指先の乾燥を防ぐには手を洗う回数を減らすのも◎。使用するハンドソープも洗浄力の弱いものにする、シーン別に使い分けるなど工夫しましょう。また、これからの時期は「必ず温かいお湯で手を洗う」という方も多いですよね。手の皮脂まで流してしまい乾燥を助長する可能性があるため、ぬるめのお水を使うよう心がけるとさらに安心です。

 

3.台所洗剤を使うときはゴム手袋を使って!

頑固な油汚れなどを落とす台所洗剤などは洗浄力が高く、手荒れの原因になることも。洗剤に触れる場合は必ずゴム手袋を使用しましょう。ただし、直接ゴム手袋を着けるのはNG。必ず綿かシルクの手袋をインナーとして使用しましょう。

 

4.小まめな保湿を習慣づける

当然ですが、乾燥を防ぐには小まめな保湿が大切。お手洗いや台所などの各水回りや、リビング・ベッドルームなど各室内にハンドクリームを置く、外出の際は常にハンドクリームを持ち歩くなどして、「手洗いとセットで必ず保湿」を心掛けましょう。

 

5.「ビタミンB2」を摂ろう!

皮膚や粘膜を保護する効果のあるビタミンB2などの栄養を積極的に摂取することも効果的です。うなぎやレバー、のり、卵などに多く含まれています。普段の食生活の中で意識できるとベストですね。

 

■それでも予兆やサインを見つけたら…

様々な対策をしていても、皮膚が硬くなるなどささくれの予兆が見られることも。そんな時は指先にオイルを塗り医療用のサージカルテープでテーピングしたり、手袋をはめたりしてガードするのもおすすめです。

ささくれは一度できると、改善されるまでに意外と日がかかります。日頃から予防を心掛けることが大切ですね。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
※友利新監修(2014)『肌美人になるスキンケアの基本 悩み解消パーフェクトBOOK』(学研パブリッシング)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

A39944246

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事