知って損なし!30代からの「着ヤセ」コーデ&服の選び方4つ

みなさんは服を選ぶときに、どんなことを重視していますか? 自分に似合っていることは前提として、やはり「細く見える」「スタイルが良く見える」服は、購入を後押しする大きなきっかけになりますよね。特にお尻の形やウエスト部分は、エイジング世代が最も気にするところ。そんな女性へ向けて、今回はズバリ「細く見えるコーデのポイント」をお伝えします。

20150902eriko01

■出さぬが損!の3パーツ「鎖骨、手首、足首」

細く見えるコーデを考えるときに、最も重要になるのは肌の露出バランス。たとえ細くはなくても、スリムなボディラインを演出するには、くれぐれも露出するパーツを間違えてはいけません。

0904LAR01

まずは首元が横に大きく広がったトップスで鎖骨を、次に短い丈袖で手首を、最後に七部丈で足首を出すこと。この3パーツが出ていると、無条件に細く見えます。これからの季節でいえば、タートルネックなら袖は少し短めのものを選ぶのがオススメです。

 

■デニムは「きつめ」を買うこと!

最近続いているトレンドのデニムですが、お尻の形や脚の線がくっきり見えるため、緻密なコーデの計算が必要になってきます。

20150902eriko03

まず購入時にジャストサイズだと、履き慣らしたときにダボついてしまいます。ここでポイントなのが、「きついぐらいのサイズ」を選ぶこと。デニムはあくまでジャストフィットが基本です。さもなくば、身体全体がもたついて太く見えてしまいます。スタイルに自信のない人は、ロールアップをしてヒールを合わせるとさらにGOOD。

 

■膨張色にはピリっとした効き色を!

グレーやベージュ、パステルカラーは女性なら誰しもが憧れるエレガント色。ところが、ふんわりと女性らしさを強調する色は、横に広がって見える色でもあります。そこで、引き締め効果を出す色やパターンを頭に入れておくことが大切です。

20150902eriko04

グレーなら赤、ベージュなら黒、パステルカラーならストライプなどを組み合わせると、スッキリと洗練された大人のスタイルを演出できます。もちろん、バッグや靴などの小物でバランスをとるのもポイントです。

 

トップスの形や丈を間違えないで!

細く見せるコーデを完成させるのは、意外にも単純なトップスの形や丈です。最近のスカートは、足長効果を狙ってウエストの位置を高くしてありますが、その類のスカートには短い丈のトップスを合わせること。

 0904LAR02

また、長めの丈を選ぶときは、必ず緩やかにウエスト部分が絞られたものを選ぶことがポイントです。首元が横に大きく開いた鎖骨が見えるタイプのものを選ぶと、より華奢感が出せますよ。

秋は思い切りファッションが楽しめる季節です。細身コーデのポイントを掴んで、おしゃれを演出してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

20150902eriko01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle