ネクストスーパーフード!?話題の「バオバブ」効果と食べ方

ココナッツオイル、チアシードに続く人気スーパーフードになるのではと注目されている「バオバブ」をご存知ですか? 小説「星の王子様」にも登場するこの木は、アフリカでは古くから薬効の高い植物として親しまれ、人も動物もその恩恵にあずかっているそう。どんな効果があるのでしょうか。

A18363738_l

■バオバブが注目されている理由 3つ

(1)抗酸化力がスゴイ!

抗酸化力を示す値ORAC値では、ザクロやブラックベリーを上回るバオバブ。ビタミンC、ポリフェノールと複数の抗酸化成分が多く含まれているため、高い抗酸化力を誇っています。またオレイン酸やリノール酸など、身体に必要な脂肪酸も含まれており、サビを予防しながら潤いのあるお肌作りにも◎。

 

(2)食物繊維がスゴイ

バオバブは食物繊維も豊富なフルーツ。私たちが手に入れることのできるバオバブは乾燥したものですが、同じ乾物のきな粉と比べてみても、その含有量は約2倍以上! さらにバオバブには、水溶性と不溶性の食物繊維が1:1というバランスで含まれています。通常、水溶性1に対し、不溶性2のバランスで摂ると良いと言われていますが、便秘がちな方は、腸内で善玉菌のエサとなる、水を含んで柔らかい状態を保ち、有害物質や毒素を吸着して体外に排出する水溶性の食物繊維を積極的に摂りましょう。

 

(3)ビタミン・ミネラルがスゴイ!

ビタミンCはレモンの約3倍、カルシウムは牛乳の約2.5倍、鉄分はホウレン草の約3.5倍など、ビタミン・ミネラルの含有量が高く、少量でも充分な栄養を摂ることができるスーパーフードです。

 

■バオバブの食べ方

爽やかな酸味のあるバオバブは、水に溶いただけでも美味しく飲むことができます。紅茶やサラダのドレッシングとして、レモンの代わりに使っても美味しいですよ。

バオバブには食事から摂ったコレステロールや糖の吸収を穏やかにする働きもあるそうですから、いち早く取り入れて、ヘルスコンシャスな食生活を始めてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
体にイイ話 – バオバブ博士
成分情報 バオバブ – わかさ生活

20150830iwata00

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle