アラフォー世代の「愛されファッション」コーデのポイント4つ

最近「愛され◯◯」という言葉をよく耳にします。女性にとってファッションやメイクなどのおしゃれは全て「愛されるため」に用意されたツールたち。そんな想いが潜在意識の中にあるのかもしれません。これは良しとしても、考慮すべきは、20代・30代の愛されコーデとアラフォーの愛されコーデは明らかに別物だということ。ホリスティックビューティインストラクターとして洗練された美を追求する筆者が思う、「アラフォーの正しい愛されコーデ」のポイントを伝授いたします。

0826LAR01

■白と紺と黒、シンプルをゴージャスに

顔色のくすみは服装でカバーといわんばかりに、明るい色に走りがちなアラフォーは多いもの。もちろん差し色としてピンクや黄色を使うのは小粋だけど、全体に纏うなら白や紺、黒色を上品に着てみて。シンプルがゴージャス感を放つときほど、女が美しく見える瞬間はありません。そんなコーデは男女問わず、時空まで越えて永遠に愛されてしまうこと間違いなし。

 

■薄さ・柔らかさ・透明感の揃った上質素材を

アラフォーの服選びのポイントとして「細く見えること」は必須。体型はどうあれ、身体の線の細さや華奢感を出すことで、より女性らしさを演出できます。これからの季節であれば、鎖骨が出る薄手のニット、ふんわり軽いスカート、透明感のあるシャツなどなど。上質感を出せるのは、大人の色気が漂うアラフォー世代ならでは。特に旦那様や恋人とのデートでは意識して選んでみてくださいね。

 

■「可愛い」に惑わされるべからず

女性は服装やアクセサリーを褒めるときに「可愛い」という言葉をよく使います。けれど、その「可愛い」には果たして「似合っている」が含まれているでしょうか? また、大人ならではの知性や洗練が備わった「可愛い」になっているでしょうか。10代・20代の女の子に対して使う「可愛い」と、アラフォーのそれが同じ意味であってはNG。その服があなたを美しく、そして上品に見せることができていれば、それは自然に愛されコーデとなります。

 

■「これって素敵?」意見は家族に聞くといい

おしゃれはしたいけど自分の目に自信がない、そんな女性もたくさんいると思います。そんな時は、ママであれば子どもに、奥様であれば旦那様に、娘であれば母親に、意見を聞いてみて! 特に子どもは、自分の母親にキレイでいてもらいたいと思うはず。あまりにストレートな意見にガックリくることもあるかもしれませんが、直観力に優れた率直な意見は、女友達のそれより大いに参考になります。

まずは自分をキレイに見せてくれる色や形、丈や素材を改めて確認してみるといいかもしれません。大胆な着こなしも結局自分に合わなければ余分な努力に。アラフォーの「愛されコーデ」はつまるところ、自分を大切にしたコーデであるかどうかだと思います。
(ホリスティックビューティインストラクターEriko)

【関連記事】
40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

0826LAR01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle