多忙女性は注意!「男性化」チェック&看護師が教える回避策

「男性化している女性が増えている」という話を聞いたことがありますか? 性格的に男っぽいということではなく、ホルモンバランスの乱れによって「身体が男性化」してしまうことを言います。今回は男性化チェックと、女性ホルモンを増やす食べものについてお伝えします。

A39842203_m

■こんな症状ない?男性化チェック

・顔のひげが濃くなった
・すね毛が濃くなった
・筋肉質になってきた
・抜け毛が増えた
・イライラすることが増えた
・性的衝動が強いときがある

 

■「男性化」する原因って?

ではなぜ男性化してしまうのでしょうか?女性の身体にも少量ですがテストステロンという男性ホルモンが分泌されています。筋肉や骨格の維持などに必要だからです。しかし常に仕事や家事などに追われ交感神経が優位な状態が続くと、ホルモンバランスが崩れ男性ホルモンのテストステロンが増えてしまうのです。

 

■女性ホルモンのバランスを取り戻す食材3つ

「男性ホルモンが多くなっているかも?」と感じた方は、女性ホルモンを増やす食べものを意識して取り入れてみましょう。ここでは食事に取り入れやすい3つをご紹介します。

大豆製品

女性ホルモンといえばイソフラボンですよね。イソフラボンには女性ホルモンのひとつである、「エストロゲン」と似たような作用をしますので、豆腐や納豆、お味噌など積極的に食事に取り入れましょう。

 

ザクロ

ビタミンCが豊富で美肌や美白にも効果があることで知られるザクロですが、ザクロには女性ホルモンと同じような働きをするエストロンという成分が含まれていて、女性ホルモンバランスを整えてくれます。

 

タマゴ

たまごは良質なコレステロールを含んでます。意外かもしれませんが、女性ホルモンはコレステロールから作られます。コレステロールが増えるのを気にして控えめにしている方がいるかもしれませんが、1日1個程度であれば、影響はないと言われていますので安心して食べてください。

今回は食べものを紹介しましたが、ストレスを溜めず規則正しい生活を送ることがとても大切です。男性並みに働いても、女性らしい身体は保ちましょうね。
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター山本幸美)

【関連記事】
ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
※神藤多喜子著(2013)『「きれい」を育てる 女性ホルモン整えレッスン』(池田書店)
成分情報 タマゴ – わかさ生活
成分情報 ザクロ – わかさ生活
成分情報 大豆 – わかさ生活

A39842203_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle