「ダサかわ」がトレンド!30代・40代のワイドパンツコーデ術

お盆が明けたら、夏もラストスパート! セールも終盤をむかえ、秋物が続々と入荷しています。春夏の傾向を引きずる秋のパンツは、断然「ワイド」がオススメ。それも、ちょっと「ダサかわいく」着こなすのが今秋の流行。ここではトレンドの「ワイドパンツ」を秋らしく着こなすオススメコーディネートをご紹介します。タンスの肥やしになっていたひと昔前のアイテムも、今季は日の目を見ること請け合い! もちろんトレンドも忘れず、短めトップスや英国調のチェック柄、控えめグリッターなどをさりげなく合わせて、自分らしい「ダサかわ」ファッションを楽しんでみて!

20150820_4916

■ワイドパンツは「ブラウンとグレー」をセレクト

ワイドパンツは、背が小さい人には懸念されがちなアイテムですが、ブラウンやグレーなら下半身が重くなり過ぎず着やすさも抜群。ブラックやネイビーといったベーシックなものよりも、今季は断然ブラウンやグレーに挑戦してみましょう。

20150820_6488

特にグレーも明るめのライトグレーを選ぶとより今季色になりますよ。

20150820_4916

 

■トップスは「短めorボトムにイン」!

どんな着こなしにもこの秋は短めトップスが気分。ワイドパンツなど下半身にボリュームをもたせる場合は、特に短めトップスはバランスがとりやすいもの。ブラウスもニットもジャケットも同様に、今季は丈を意識して選んでみましょう。短い丈に抵抗がある人は、ウエストインでバランスをとって今年顔にチャレンジ!

20150820_1132

定番のボーダーカットソーもウエストにインするだけでおしゃれ度がアップしますよ。

 

■「英国調チェック柄」や「ひかえめグリッター」でポイントを!

 トレンドの「ダサかわ」を意識して着こなすも、ただの野暮ったい雰囲気になってしまってはNG。30代・40代のエイジング世代であれば、ベーシックなものにさりげなくエッジの効いたトレンドを取り入れるのが、「さすが」と言われるツボ。例えば英国調のチェック柄や、

20150820_2437

ひかえめなグリッターなど。

20150820_5573

洋服に取り入れるのが難しいというあなたは、小物やネイルでチャレンジするも◎。ネイルの色や柄がトレンドを意識しているだけで、同僚や友人、彼にオシャレの気遣いが伝わって高ポイントになること間違いなしですよ!

(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

【参考】
ONWARD CROSSET

20150820_4916

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle