LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

肌が変わる!?アンチエイジングの基本「デトックス」のおさらい

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

私たちは毎日の生活の中で、有害物質を体内に溜め込んでいます。それは魚に含まれる水銀であったり、車の排気ガスに含まれるカドミウムであったり……。放っておいたら日々、たまってしまうこれらの有害物質を排出することが、アンチエイジングのためには重要と考えられています。そこで、今回は食事で効果的にデトックスする方法についてご紹介します。

kud0047-004

■デトックスの方法

デトックスの方法は様々にありますが、今回は普段の生活の中で、特にお金をかけずに行うことができる方法に絞り、お話ししていきたいと思います。私たちの体の摂理を利用してできるデトックスの方法とその割合は下記の通りです。
1位 排便……75%
2位 排尿……20%
3位 汗……3%
4位 髪……1%
    爪……1%
便で排出される割合が非常に高いため、便秘を解消することがデトックスのカギを握ることになるのです。

 

■食事で便秘を解消する方法

1.食物繊維や乳酸菌、ヨーグルトなど腸内環境を改善する効果のある食品を摂る
食物繊維を多く含む玄米・ごぼう・こんにゃく等の食品を積極的に摂取するほか、乳酸菌を多く含む食品を摂取することも便秘解消には効果があります。
また、ヨーグルトも腸内環境を改善し、便通を良くする効果が期待できます。市販のヨーグルトに配合されている菌はそれぞれ異なるため、様々な銘柄のものを試してみてください。自分に相性のいいものを毎日摂取することが便秘解消には有効です。

2.キレート作用を持つ食品を積極的に摂取
キレート作用とはここでは体内の有害物質を排出に導く作用のことを指します。キレート作用のある食品は玉ねぎ、アスパラガス、大豆食品、レンコン、リンゴ、海藻など。これらの食品を日々の食生活の中で、豊富に摂取するよう心がけて。
また、水銀、ヒ素、鉛などの重金属や、必須ミネラルはアミノ酸と結びつき吸収され、排出もアミノ酸と結合することで行われると言われています。デトックスに最適なアミノ酸はメチオニン、シスチンとも言われています。メチオニンを含む食品は、鶏肉、牛肉、マグロ、カツオ、牛乳、チーズ、ナッツなど。シスチンを含む食品は、小麦、大豆製品のほか、かつお、きな粉などです。

この他、還元力の高い良質な水分を豊富に摂取する、体を冷やさない、適度な運動を行う、便意を我慢しないことなども便秘解消に効果的。便秘は美肌、健康の大敵! 毎日効果的にデトックスを行うことで、体の内側からアンチエイジングに取り組まれてはいかがでしょうか。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
「早食い」はデブ・たるみの元!?噛むだけアンチエイジング

【参考】
※NPO法人日本アンチエイジングメディカル協会/日本肥満予防健康協会著、
 医学博士森吉臣監修(2009)『JAMアンチエイジングアドバイザー認定講座テキストⅢ』
※勝田小百合著(2009)『アンチエイジングの鬼 プレミアム』(ワニブックス)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

kud0047-004

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事