LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

NYで流行中!?「8:2ルール食生活」で長続きするダイエット方法

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

今、ニューヨークでは、無理な食事制限をせずにやせる「8:2」ルールの食生活が流行っているそうです。「8:2」ルールとはどんな食生活なのか、ニューヨークで活躍するホリスティックビューティーカウンセラーの白石里美さんに聞きました。

AB83154073

■「80%体にいいもの、20%好きなもの」のシンプルルール

ダイエットをしたいと思っていても、毎日の運動にヘルシーな食事、そんな生活はなかなか続かず、後々反動がつきがちです。そんななかニューヨーカーが試しているというのが、「8:2」の食生活。ルールは簡単で、全体の食事の80%は体にいいクリーンな食事を心がけ、あとの20%は、自由に好きなものを食べるというシンプルなもの。毎回の食事で、カロリー計算しなくていいからラクチンなのです。

 

■1週間の食事回数で考えると実践しやすい!

この「8:2」の食生活を始めるには、1週間タームで考えるといいそうです。1日3食であれば1週間の食事は合計21回。8:2の法則では、このうち4食は好きなものを食べていいことになります。例えば、平日はヘルシーな食生活を心がけて、休日は好きなものを食べるといった具合です。土曜の夜と日曜の昼は好きなものを食べて、後の2回は外食にとっておくというスタイルなら、外食もできて嬉しいですよね。こんな風に「8:2」の1週間ルールなら週末のお楽しみも調整しやすく、ラクでオススメなんです。

 

■80%の食事も、空腹をガマンしなくていい

では、平日の食事はやっぱり無理しなくていけないの? いえ、そういう訳ではありません。野菜、果物、穀物、良質なタンパク質と良質な脂質を中心に摂っていれば、空腹を我慢する必要はないんです。気をつけたいのは、コンビニのお弁当や出来合いの食事。これらは、体全体を酸性に傾けがちで、老化を加速させると言われているため、なるべく果物や野菜(じゃがいもなどのデンプン質は除く)などの、アルカリ性の多い食事を心がけることです。

 ダイエットは、「鞭」だけでは長続きしません。そう、ダイエットは、永遠に続けてこそ、意味があるのです。そのためにも、20%は自分の好きなものを食べる「飴」を用意して、長続きするダイエットを手に入れましょう。
(美容ライター 長岡宏江)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
ホリスティックビューティーカウンセラー 白石里美

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

AB83154073

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら