LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

夏バテが老けを加速!?乗り切るための小ワザ3つ

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏は暑さによる疲れから消化機能が低下し、食欲が減退しがち。暑いからと言ってのどごしの良いそうめんや冷やしうどんばかり食べていると、ビタミンやミネラルが不足して夏バテを起こしてしまいます。自律神経が乱れたりや免疫力が低下したり、美容の大敵でもある夏バテを防ぎ、恐ろしい”夏老け”を加速させないコツを集めました。

neko

■食事の前のシャワーで、食欲増進

うだるような暑さの中、気持ちまでぐったりしてしまっては食事もままならないもの。さっと冷たいシャワーを浴びて汗を流し、すっきり気分転換すれば、食欲も戻ってきます。

 

■夏バテに効くツボを刺激する

夏バテに効くツボを押すのも効果的。疲れて弱くなりがちな自律神経の働きを強める“勇泉”というツボを押しましょう。“勇泉”は、足の裏の人差し指と中指の骨の間の、少しくぼんだ所。お風呂に入った時などにゆっくり押すと、じわじわと元気が湧いてきます。

 

■目指すは栄養フルコース型の食事!

血液中のヘモグロビンの材料にもなるタンパク質が不足すると、疲れやすくなったりスタミナが切れたり。また、汗と一緒に流れ出てしまうミネラルや調子を整えるビタミンも、夏こそ必要な栄養素です。毎日の食事には季節を問わず、主食、おかず、野菜、果物、乳製品を揃える「栄養フルコース型の食事」を目指しましょう。ズラリと並んだお皿を見るだけでお腹いっぱい、という人は、カレーに卵をトッピングしたり、具だくさんのそうめんにしたり、牛乳でミックスジュースを作るなど、一品でたくさんの栄養素を取るメニューを工夫しましょう。

”夏老け”を加速させるだけでなく、夏風邪や隠れた疾患を悪化させてしまう恐れもある夏バテを防いで、元気に過ごしたいものですね。

(LAR編集部)

 

【関連記事】

夏バテ女子に朗報!カラダとお肌にうれしいニンニクパワーって?

 

【参考】

タケダ健康サイト[夏バテ」-武田薬品工業

ザバス栄養講座:夏バテ対策 – 明治

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

neko

Related Article関連記事

最新の記事