プロが伝授!「左右対称の眉美人」になる描き方の順番とコツ

顔のイメージを大きく左右する眉。 人の顔はほとんどの方が全く対称にはなっていないので、チークなど自由に描けるものと違ってすでに非対称に生えている眉には悪戦苦闘ですよね。 今日は、メイクアップアーティストである筆者が、眉を対称に仕上げやすくするメイクのコツを3つお伝えします!

A11714192_m

1.「好きなほうの眉」を決めてみる

10代後半か、遅くとも就職活動の頃にはメイクをすることを覚えた方が多いはず。「なんとなく、そこに眉があるから」と描き足すだけになっていませんか? どんな方でも、「どちらかが描きやすく、もう片方がなんとなく納得いかない」ということが多いと思います。 好きなほうの眉は左右のどちらですか? たいてい「好きなほうの眉」というのは、特に形を描かなくても、あるところにアイブロウをのせるだけでかっこよくなる眉のことだと思います。ご自身の眉はどちらなのか、見極めてみましょう。

 

2.「好きなほうの眉」と反対の眉から描く

先述のように、「好きなほうの眉」が決まったら、それとは反対の眉から描いていきましょう。たいてい無意識に得意なほうから描いている人が多いようです。好きなほうの眉は、少しアイブロウを足すだけで完成する眉なので、そのフレームを意識しながら、苦手なほうの眉を、好きなほうの眉に合わせて描けば良いのです!

 

3.「眉頭」と「眉山」の高さを好きなほうの眉に合わせる

たいていの場合、左右が非対称になる大きなポイントは、「太さ」、「眉頭の高さ」、「眉山の高さ」です。「眉頭の高さ・眉山の高さ」=眉のアーチの角度なので、この二点と、太さが合えば、かなり左右対称に見えるものです。「好きなほうの眉」の眉頭のはじまりは目頭からどのくらい離れているかも、よく観察してみると良いですよ。 はじめは眉ペンなどを顔に当てながらなど、目印を使って描いていくことをおすすめします。

メイクの中でも最も悩みが多い眉を攻略すると、自由自在に印象が操れます。 この手順で慣れてきたら、「優しげアーチ」や「はっきり直線眉」など、自眉を活かした形以外の、新しい眉も描けるようになっていきます! まずはせっかく生まれ持った眉を活かして、顔のフレームづくりをしてみてくださいね。
(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI)

【関連記事】
プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方

A11714192_m

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle