LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

トマトよりリコピン豊富!?「シワ・シミ・むくみにスイカ」の理由3つ

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏と言えば「スイカ」! あまり栄養がなさそうに思われるスイカですが、実は、「リコピン」がトマトの約1.5倍、血管の健康を保ち血液の流れをスムーズにする働きのある「シトルリン」というアミノ酸が含まれた、アンチエイジングにはピッタリなフルーツなんです。

20150803iwata03

■スイカを食べるべき理由3つ

(1)リコピンでシワ予防

意外かも知れませんが、スイカには一般的なトマトより多くのリコピンが含まれています。カゴメの研究によれば、リコピンは、肌に蓄積して活性酸素のダメージから細胞を守り、日焼けによる肌のごわつきを抑え、またコラーゲンの生産を促す働きがあることが判っていますから、日焼けやシワ予防に◎。

 

(2)「β-カロテン」でシミ予防

β-カロテンは、それ自体にも抗酸化作用がありますが、体内で必要に応じて「ビタミンA」に変換されます。ビタミンAには、お肌のターンオーバーを整える働きがあるため、メラニンがシミとして定着するのを防ぎます。

 

(3)「シトルリン」でむくみをオフ

スイカには「シトルリン」という、遊離アミノ酸の一つである成分が含まれています。血管をしなやかに保ち、拡張させて血流を改善させる効果のある「NO(一酸化窒素)」を生産するため、結果としてむくみの改善につながります。さらに、紫外線の刺激によってコラーゲンを分解する酵素の活性を抑える働きもあるそうですから、リコピンとダブルで日焼けシワ予防に効果を発揮してくれそう!

 

■捨てないで!スイカの皮は食べなきゃ損

シトルリンは、スイカの皮の部分に多く含まれています。皮の白い部分は、刻んでサラダに加えたり、果肉と一緒にスムージーにするなどしていただきましょう。

意外にも、お肌も身体のためにも頼もしい存在のスイカ。今が旬のスイカを食べて、この夏もキレイを保ちたいものですね。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

【参考】
スイカの成分と効能 - 荻原農園
すいかの効用 – JAみちのく村山
トマト大学 リコピンと美白・美肌に関する研究 - カゴメ
シトルリンについて - シトルリン研究会
β-カロテン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150803iwata03

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事