LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

年齢を重ねると悪化!?「蓄積冷え」解消!夏の冷え症ケア

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

冷房の効いた室内で過ごす夏は、冷え症が気になる季節です。とくにオフィスやお店で長時間働いている方は辛いのではないでしょうか? ノースリーブやミニスカートなど、肌を露出する服装は“まだら冷え”を引き起こします。これは、ノースリーブなど肌を露出した服装だったり、冷たい食べ物をとることによる部分的な冷えが、体の各所の冷えが慢性化した状態のことだそう。

また、冷え症は年齢を重ねると悪化していくという怖い話も……。そこで今回は、夏の冷え対策をお伝えします。

LAR25

 

■まずは冷え性の原因を知りましょう

冷え性の原因として挙げられるのは、胃腸、代謝、自律神経の機能低下といわれています。特に夏の冷え性は、冷たいものの取りすぎで胃腸が夏バテ状態になることや、運動不足で代謝が落ちてしまうことが大きな原因。また外気と室内の温度差で自律神経が不調をきたすことも冷え性を引き起こす一因に。

 

■その場で温める! 

体を温めるのに効果的な場所は「おなか・首の後ろ・足首」。腹巻きやスカーフ、厚手の靴下など、その場所をカバーするアイテムをオフィスに準備しておくのがおすすめです。

 

■食事は冬を思い出して!

冬場に食べるお料理や、冬場によく食べられる食材は体を温める効果が高いものが多いそう。冷たいものの取りすぎは避け、しょうがなどの体を温めるものを取り入れてみましょう。唐辛子やニンニクなども効果が期待できます。

 

■お風呂でじっくり温める!

半身浴は、下半身を中心に全身を温めることができます。体を温める効果のあるあら塩やアロマオイルを入れて、気長にお風呂タイムを楽しむと、リラックスしながら冷え性対策が実行できます。

それ以外にも、肩幅に足を開いて立ち、かかとを上げ下げする「背伸び運動」も、血液の循環を良くして冷えを緩和することができるとか。普段の生活の中に気軽に取り入れて、冷えを蓄積させないようにしましょう!

(LAR編集部)

 

【関連記事】

夏バテが老けを加速!?乗り切るための小ワザ3つ

【参考】

あなたの悩みを解決!いきいき健康研究所 – 味の素

「血めぐり研究会」通信 2014 Vol.2-花王(PDF)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

LAR25

Related Article関連記事

最新の記事