LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

オフィスの乾燥注意報!「夏乾燥肌」の対策法

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏はべたつきを気にして、こまめに洗顔をしたり、さっぱりタイプの化粧水を使用したりする方も多いはず。それゆえ、乾燥対策は寒くなってからで十分と思いがちですが、会社やお店の空気はエアコンによって乾燥しています。さらに、汗が乾くときにお肌の水分を奪ってしまう危険性も。実は湿度の高い夏ほど、乾燥対策をおろそかにはできないのです。そこで、真夏のお肌の保湿術をお伝えします。

a800d951284c6fd33602ad071214d92a_s

■自宅でのケアを丁寧に!

出勤前やお風呂上がりなど、自宅での保湿ケアを丁寧に行うことが最も重要です。きちんと保湿されたお肌は、水分をしっかり貯めているので、外出時の乾燥はもちろん、日焼けにも強くなるのです。夏場であっても洗顔後は化粧水で保湿し、さらに潤い成分が配合された乳液やクリームなどで油分を補い、お肌の水分の蒸発を最小限に防ぎましょう。

 

■乳液やクリームを薄くオン

オフィスでの乾燥対策として、ミストスプレーが流行しましたが、肌の水分が一緒に蒸散し、逆に乾燥を招いてしまうこともあります。おすすめなのは、乳液や軽いテクスチャーのクリーム。乳液やクリームを指の腹にのばし、メイクの上から乾燥が気になる部分をそっとおさえるようになじませましょう。特に夕方、目元の細かなしわにショックを受けたことのある方も、「乳液オン」をぜひ試してみてください。

 

■ 夏場の意外な落とし穴

エアコンがきいていない場所にいると、うっすらと汗や皮脂がにじみ、肌表面が潤っているように感じますが、角層内の潤いとは別物。肌が本来もっているバリア機能が改善されているとは限りません。肌が汗でしっとりとしていても、しっかりと保湿ケアをするようにしましょう。

潤いを保つことは美肌の基本。湿度の高い夏であっても油断大敵です。十分なケアをして、 秋からのお肌完成度に差をつけましょう。

(LAR編集部)

【関連記事】

夏も油断禁物!肌の乾燥を食い止める3つのポイント

 

【参考】

乾燥性敏感肌ナビ – 花王株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

a800d951284c6fd33602ad071214d92a_s

Related Article関連記事

最新の記事