断食インストラクター直伝!「甘酒」の美容効果・選び方・活用術

夏の季語でもある「甘酒」。栄養剤として使用される点滴とほぼ同様の栄養素を含み、「飲む点滴」ともいわれるほど、栄養価も高いんです。紫外線の影響を受けやすい夏のお肌や、代謝能力の低下しやすいお年頃の女性には嬉しい効果がたっぷり! そこで今回は、筆者がインストラクターを務める断食プログラムでも採用している甘酒の5つの美容効果をご紹介します。

0801ogawa01

■甘酒の5つの美容健康効果

1.美肌効果
2.脂肪燃焼ダイエット効果
3.夏の日差しによりダメージを受けた頭皮や髪の修復、改善効果
4.便秘解消効果
5.夏バテ改善、バランスの良い栄養補給効果

発酵食品である甘酒にはブドウ糖を始め、アミノ酸、ビタミンB類、葉酸、食物繊維、オリゴ糖などの栄養素や麹酸が様々な角度から美と健康をしっかりサポートしてくれます。

 

■ココがポイント!甘酒の選び方&活用術

甘酒は米、麹、(水)のみで作られたものをチョイス! 飲みやすさを重視し砂糖を加えた物も販売されていますが、美容と健康を重視するなら、加糖の甘酒は控えた方がベストです。

甘酒は朝飲むと一日の代謝を上げるスイッチになると同時に、麹酸の効果により過剰なメラニン生成を抑え紫外線から肌を守ることでシミやそばかすをできにくくする効果も期待できるのだとか。これらの活用方法もオススメです。

●夏バテ気味で食欲不振時の栄養補給
●甘いものが欲しくなった時の補助飲料
●お砂糖代わりの調味料としての活用
●ダイエット中のおやつ(凍らせた甘酒シャーベットや甘酒かき氷)としての活用

お肌や脂肪の代謝能力を引き上げ、美肌やダイエットのサポートをしてくれる甘酒。冷房による冷えを感じる方には生姜のしぼり汁を入れて飲むのも効果的。是非上手に取り入れ、夏の健康美人になっちゃいましょう!
(鍼灸師/予防医学士/DANJIKIマイスター/食養生アドバイザー 小川こず恵)

【関連記事】
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ

【参考】
甘酒 京の食材 京都健康物語 ほっこり京都生活 – わかさ生活

0801ogawa01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle