LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

お料理グンと美味しく!簡単「ハーブオイル」の作り方&活用術

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎日のお料理に欠かせないオイル。調理法によってオイルの種類を変えるのもいいですが、基本のオイルに様々なハーブを漬け込んで香りや風味を変えると、お料理が一層グンと引き立ちます。超簡単に、オイルをもっと美味しく変身させて、お料理上手と呼ばれちゃいましょう!

20150727eriko02

■ハーブオイルの作り方

用意するもの

・ハーブ
・オリーブオイル
・オイルを入れるジャー

 

ハーブオイルの作り方

(1)ジャーにハーブを適量入れる。
(2)(1)のジャーにオリーブオイルを適量注ぎ入れる。
(3)一週間ほど漬け置いて出来上がり。いろいろなお料理にお使いください。

 

■どんなハーブがいいの?

バジル、ディル、オレガノ、タイム、ローズマリーなどの香りが良く、フレッシュハーブとして入手可能なものを使いましょう。上掲の写真はバジルとジュニパーの果実です。

 

■マッサージにも!ハーブオイルの活用方法

いろいろなハーブを漬けておいて、お料理によって使い分けます。お肉を焼くときはローズマリーやタイム、魚料理にはディル、パスタの仕上げやサラダにはバジルなど、食材の美味しさを引き立たせるオイルを選びましょう。シンプルにバゲットにつけて食べるのもおすすめです。また、上記の写真で使用しているジュニパーは、身体に滞る老廃物を洗い流す作用があるため、むくみなどのマッサージオイルとしても利用できますよ。

それぞれのハーブが持つ香りや特徴を生かせるようになると、お料理が一段と楽しくなりますよね。数種類のハーブをブレンドしてみてもいいでしょう。あなただけのハーブオイルレシピを開拓してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ

【参考】
※林真一郎著(2011)『ハーブと精油の基本事典』(池田書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150727eriko02

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事