LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

夏バテ防止にも!ヘルシー&おしゃれ「ハーブカルピス」レシピ

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏の暑い日に氷を入れて飲むと美味しいカルピス。でも健康にも美容にも気を使うエイジング世代にとっては、この「甘さ」はちょっぴり気になるところ。「少しでもヘルシーに飲める方法はない?」そんな風に思っている方へ、カルピスにハーブの成分を溶け込ませた「ハーブカルピス」の作り方をご紹介します。とっても美味しいので、大人女性はもちろん、男性にも子どもにも喜ばれること間違いなしですよ!

2015-07-24-14-34-32_deco

用意するもの(3〜4名分)

・カルピス 500g
・ハイビスカスまたはラベンダーなどのハーブ(15g)

 

ハーブカルピスの作り方

(1)カルピスを鍋に入れ、弱火で沸騰する手前まで温めます。(下記の写真はラベンダーを使用したときのもの)
(2)(1)にハーブを加えて、カルピスが冷めるまで置いたら出来上がり。
(3)氷を入れ、お召し上がりください。

20150724eriko02

カルピスは希釈するタイプのものを使えば、自分好みで甘さが調整できます。もちろんドリンクタイプを使用してもOK。ハーブは何を入れても構いませんが、赤や青紫など色が濃く出るものを使うと、見た目もキレイで爽やかなドリンクになります。(下記の写真はハイビスカスで作ったもの)

20150724eriko03

 

■夏バテ防止や、心身のリフレッシュにも

真っ赤な色が美しいハイビスカスは、クエン酸やハイビスカス酸などの植物酸を多く含み、エネルギー代謝や新陳代謝を高めてくれます。また、カリウムなどのミネラルも含まれ、便秘やむくみ解消にも効果的。夏の疲れた身体を癒したり、マリンスポーツ後の肉体疲労回復など、この季節にはどんな場面でも大活躍のハーブですね。
またラベンダーは、シソ科に特有のさっぱりした香りで、心身の緊張をほぐしてリラックスさせてくれます。身体とともに精神的にもダウン、そんなときはラベンダーを使うといいかもしれません。

たまに無性に飲みたくなるカルピス。罪悪感なく飲みたいと思ったら、是非一度試してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
ホルモンバランスお助け!美容家推薦「優秀ハーブティー」4選

【参考】
※林真一郎著(2010)『メディカルハーブの事典』(東京堂出版)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

0724eriko

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事