LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

まるでプディング!?「モロヘイヤのデザートスムージー」レシピ

Eriko

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

野菜に代わってたくさんの果物が旬を迎えるこの季節。マンゴーやパイナップルなど、どれも美味しいけれど、糖分が多い果物よりも野菜をしっかりチャージしたいと思うのがエイジング世代の本音。そんな女性たちへ朗報! 暑さで葉物野菜が育たない中、夏に旬を迎える心強い野菜があります。それが「モロヘイヤ」。今回は、このモロヘイヤを使って暑さを乗り切る美味しいデザートスムージーをご紹介します。

20150724eriko01

■モロヘイヤは栄養の宝庫!

緑黄色野菜の中でもビタミンEの含有量はトップクラスを誇るモロヘイヤ。そのほか、カロテンやカルシウム、ビタミンB群、ビタミンCなども豊富で、まさに栄養の宝庫。粘り成分のムチンは胃腸や目の粘膜を保護し、肝機能を高める働きがあると言われています。また繊維質が多く、血糖値やコレステロール値を抑えてくれることから、デトックス&美容効果も期待できますね。

 

■モロヘイヤに合う果物は?

比較的どんな果物でも合いますが、せっかくなので旬の果物を合わせてみてください。モロヘイヤにはムチンという粘り成分が含まれるため、しっとりした果物を合わせると、プディングのようなデザート感覚を味わうことができます。さらにチアシードなどを入れると、プチプチした食感も楽しめますね。

20150724eriko02

上記の写真はモロヘイヤと桃のスムージーですが、その他にスイカ、バナナ、マンゴーなどを組み合わせても美味しくいただけます。緑が濃いスムージーが苦手という方は、モロヘイヤの分量を減らして、果物を多めに入れてみてください。甘さが足りなければ、蜂蜜やメープルシロップなどを加えてもいいでしょう。

20150724eriko02

夏は調理するために火を使うのが億劫になりがち。手軽に野菜を摂ることができるスムージーレシピは書き留めておきたいものですね。ただし、あまりキンキンに冷やした果物を使ったり、飲みすぎたりすると身体が冷えてしまうのでご注意を。

ぜひ試してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※白鳥早奈英・板木利隆著(2011)『もっとからだにおいしい野菜の便利帳』(高橋書店)
※仲里園子・山口蝶子著(2012)『グリーンスムージー健康法』(PHP研究所)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150724eriko01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事