LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

妊娠・出産時に悪影響!20代以上は7割超え「歯周病」対策方法

余慶 尚美

余慶尚美fNew2015

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

歯を失う原因のナンバーワンは、なんと「歯周病」です。厚生労働省の調べによると、20代で7割以上が歯周病に罹患しているという衝撃的な事実があるのです。では、そもそも歯周病とは何でしょうか?

20150721yokei01

そもそも、歯周病って?

歯周病とは、歯肉のみ炎症して歯石や出血がみられる「歯肉炎」と、この歯肉炎の炎症が進み、骨と歯根膜まで炎症が進んだ状態である「歯周炎」を合わせた総称を「歯周病」といいます。そして、20代の歯周病は、6割が「歯肉炎」です。これを放っておくと、「バイオフィルム」という細菌が原因で、歯が土台を失って抜け落ちるという仕組みです。寝起きにお口がネバネバすることがありませんか? これが「バイオフィルム」。例えるなら排水溝や花瓶のヌメヌメです。

 

お口の細菌「バイオフィルム」って?

この憎き「バイオフィルム」は歯肉の溝や口腔全体に残り、どんどん仲間を増やしていきます。歯肉溝の深さは健康な歯の人でも1~3mm。私たちの歯みがきは、この歯肉溝のわずか0.5mmにしか届いておらず、バイオフィルムは残ったままなのだそう。ここで大事なのが、歯間ブラシやマウスウォッシュなどの洗口液。歯ブラシでは届かないバイオフィルムを取り除き、殺菌することがたいへん大事なのです。

 

歯周病と出産・妊娠時の関係

そして、私たち女性にとって「歯周病」はたいへん気をつけなければいけないもの。それは、「歯周病を治療すると、早産や低体重児が減少する」と言われていることです。一見全く関係のなさそうな、妊娠や出産のトラブルにも影響するということが裏付けされ、「歯」の大事さを改めて感じさせられます。

 

歯周病にならないためには

筆者自身も毎回の歯磨き後は、マウスウォッシュでうがいし、特に就寝前にはより丁寧にすることに気をつけています。おすすめ歯ブラシは、歯列矯正用の小さめのもの。ひとつひとつの歯を磨き、さらに歯間ブラシ(フロッシング)でデンタルケアを心がけています。最近では、歯磨き前にうがいして洗浄力を上げ、またホワイトニング効果のある「洗浄液」も人気ですから、ぜひチェックしてみて!

「咀嚼」も忘れずに!

そして、忘れていけないことは食事するときにきちんと咀嚼すること。殺菌作用のある「唾液」の分泌を増やし、口内を清潔に保つことにもつながります。 身体の健康のためにも、歯磨きだけでなく、歯間ブラシやマウスウォッシュなども併せて、デンタルケアを積極的に行いましょう。
(美巡セラピスト&漢方美容家 余慶尚美)

【関連記事】
朝食とらなくても必須?口臭予防の「歯磨き」タイミングとは

【参考】
『からだの健康は、歯周病予防から』 – 日本歯科衛生士会
リステリン – ジョンソン・エンド・ジョンソン

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150721yokei01

Related Article関連記事

ピックアップ

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

花粉、ストレス…春の肌トラブル対策に◎!美容家も実践の肌ケアって?

春になり、冬の厳しい寒さと乾燥から開放されたと安心したのもつかの間、この時期特有の、花粉や紫外線・精神的なストレスなどによる肌トラブルに悩まされている女性も少なくないのでは? 春の肌トラブルは、放って …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら