ベトつく夏の「頭皮臭」解消!ケア方法3つ&爽快ケアアイテム

夏にベトつきが気になるのはボディだけではありません。髪や頭皮もべとつき、嫌な臭いが発生していることも。そこで、今回は頭皮のべとつきやイヤな臭いを解消する方法を紹介します。

AB1516681

■「シャンプー前ブラッシング」を習慣に

髪や頭皮の汚れを毎日しっかりと落とすために、おすすめなのがシャンプー前のブラッシング。頭皮や髪についたほこりや汚れをシャンプー前に取り除いたり、浮かせる効果が見込めます。頭皮を傷めないよう天然毛のブラシで、優しく行いましょう。

 

■週に1度は「シャンプー前のスカルプケア」を

頭皮の状態を自分で確認するのは難しいものですが、顔同様m頭皮の毛穴にも皮脂や汚れが詰まっている可能性が。週に1度はスカルプケアで皮脂や汚れを落とし、頭皮や髪を健やかな状態に導きましょう。お手持ちのオイルでできるスカルプケア方法をご紹介します。

自宅で簡単!スカルプケア方法

(1)シャンプー前の乾いた状態の頭皮に髪をかき分けながら、全体にオイルを塗る。
(2)手を下方向から入れ、地肌を直接揉みほぐすように頭皮全体をマッサージする 
(3)ホットタオルやシャンプーハットで頭皮全体を覆い、数分おく。このとき湯船に浸かりながら行うと、スチーム効果で効果がアップ!
(4)髪をかき分けながらぬるま湯のシャワーを地肌に直接当て、洗い流す。
(5)シャンプーやトリートメントを行う

 

■シャンプーは「泡立て」&「すすぎ」を徹底!

シャンプー前は予め髪や頭皮をぬるま湯でよくすすぎ、シャンプーはしっかりと泡立て、ふわふわの泡で頭皮へ強い摩擦を与えないよう、気をつけながら優しく洗い上げましょう。シャンプーが残らないよう十分にすすぎましょう。

 

■髪と頭皮を「できるだけ早く」乾かす

洗濯物と同様、濡れた状態が長く続くと雑菌が繁殖する影響で、嫌な臭いが発生する傾向にあるよう。洗髪後はできるだけ早くドライヤーで頭皮や髪を乾かすことが大切です。頭皮にドライヤーを当てる際は、低めの温度に設定するよう心がけましょう。

 

■「頭皮専用アイテム」も取り入れてみて

頭皮の臭いを防止する効果があるスプレーなど、スカルプケアアイテムを取り入れてケアをしてみましょう。

ディープスキャルプフォリクルトリートメント&ボリューマイザー/ジョンマスター・オーガニック

オーガニック植物成分がブレンドされたスキャルプミスト。タオルドライの後、頭皮に直接スプレーして指でやさしくマッサージするとより効果的です。年齢を重ねた方の頭皮エイジングケアアイテムとしてもおすすめだそう。(125ml 税込¥4,104)

20150713endo02

 

Janne スカルプエッセンス/ガーデンプロジェクト

汗や湿気でベタつきがちな頭皮を、すっきり爽やかに整え、弾力のある柔らかな頭皮に導きます。タオルドライの後やお仕事中など、気になったタイミングで頭皮に馴染ませながらセルフマッサージを。(28ml 税込¥1,728)

20150713endo03

 

薬用スカルプヘアフレグランス/PJ BEAUTY

防臭効果が期待できるデオドラント成分配合&バラの香りが心地よく。ハリやボリュームもアップ。毎日のスカルプケアとしてもおすすめ。(100ml 税抜¥1,900)

20150713endo01

万全と思えるほど対策をとっていても、暑い夏はやはり汗をかきやすいもの。綿素材のハンカチなど肌あたりや吸収性に優れた素材で、こまめに汗を拭くことも大切です。自分の臭いは自分よりも、他人の方が敏感に感じる場合があります。しっかりケアをして、爽やかに夏を楽しみましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
地肌チェック/正しいシャンプー方法 – 花王
強い日差しと汗にご用心!夏の頭皮ケアで美髪をキープ – 資生堂
PJ BEAUTY 薬用スカルプヘアフレグランス – ピーチ・ジョン
ディープスキャルプフォリクルトリートメント&ボリューマイザー – ジョンマスター・オーガニック
Janne スカルプエッセンス -ガーデンプロジェクト

AB1516681

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle