30代・40代のお腹まわりに3分でコミット!?「10秒呼吸法」

夏も目前! 7月に入り梅雨明けが待ち遠しいこの時期。今のうちにやっておきたいお腹周りのケアは、エイジングを気にかける30代・40代にとってはもはや日常。ダイエットや集中エステもいいけれど、忙しく日々を送る女性にオススメなのが、毎日「10秒呼吸」をするだけのダイエット方法。これだけでぼっこりお腹がスッキリするなんて、魅力的じゃありませんか?

20150708hatsuyo01

■「骨盤底筋の緩み」が一因でぽっこりお腹に!

30代・40代ともなれば、年齢を重ねるごとに重力によって内臓が下がり、基礎代謝の低下も相まって、骨盤内の内臓を支える骨盤底筋もゆるむ年代。何もしなければ、食べる食べない関係なしに下腹部がどんどんぽっこりしていく恐ろしい現実を目の当たりにするのも時間の問題です! そこで、本来の位置に内臓をキープしてスリムなお腹を維持するために、骨盤底筋を鍛える呼吸法を伝授します。寝る前やリラックスタイムにぜひ取り入れてみてくださいね。

 

■スリムなお腹にコミットする「10秒呼吸法」

1. 仰向けで寝ます。全身の力を抜いてリラックスしましょう。
2. お腹に手をあて、呼吸によって上下するのを感じましょう。そして息をすべて吐き切ります。
3. 息を吸います。胸やお腹がふくらむのを感じましょう。5秒吸ったら息を止めます。そして、止めたところからさらに5秒間息を吸いお腹が膨らんでいくのがわかるほど吸いましょう。
4. たっぷりと吸った後は、ゆっくりと息を吐き切ります。再び1から繰り返し、これを10セット行いましょう。

息を止めた後、さらに息を吸うことで横隔膜が上に上がり内臓だけでなく骨盤底筋が引きあがるのを感じましょう。仰向けに横たわり重力を負担に感じずに行うことで、上向きの力のみで引き上げられ、より効果を期待できますよ。尿失禁にも効果があるので産後の方にもオススメです。ぜひ試してみてくださいね。
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

20150708hatsuyo01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle