夏までにお腹周りスッキリ!「便秘解消」の簡単5ステップ

多くの女性が悩みを抱える「便秘」。筆者の20年来の便秘症で悩んできましたが、試行錯誤の末、5つのステップでスルスルっと便秘解消することができました。無理せずお通じを整える方法を伝授します。夏までもう少し! お腹ポッコリを改善しましょう!

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■簡単美腸5ステップ

1. 朝起きたら、コップ1杯の水を一気飲み

筆者が通う便秘外来の医師によると、起床直後は、頭は起きていても、まだ体は活動準備ができていないそうです。そこで、コップ1杯のお水を飲むことで、寝ている間にカラカラになっている身体の中を一気にお水が通り、眠っているお腹を起こしてあげることができるそうです。

 

2. 必ず5分間の「リラックスしたトイレタイム」を

薬膳の世界では、便秘は冷えによるもの、飲食の不摂生、ストレスによる自律神経の失調、生活習慣の乱れによって引き起こされると考えられています。特に、ストレスが溜まりやすい現代の女性にとっては、ストレスが原因で便秘になる方も増えているようです。便秘外来の医師によれば、便秘を解消しようと真面目に考えすぎて何時間もトイレに入るとかえってストレスになってしまい、本末転倒なのだとか。そこで、出ても出なくても良いので、毎朝晩5分間は、リラックスできるトイレタイムを作る習慣をつけ、ストレスのない時間を設けるようにしましょう。

 

3. 朝晩の「5分間お腹マッサージ」

お腹を直接刺激することで、滞っている便を押し流すことが出来ます。まず、お腹の中心を「の」の字にマッサージします。その後、下腹部を下から上に左、真ん中、右の三か所を押し流してあげましょう。

20150713shibuya01

 

4. 朝ごはんを必ず食べる

便が出ないからといって食べないと、消化吸収代謝の力が弱まり、余計にお通じの出にくい身体を作ってしまいます。朝のエネルギーは日中の生活で消費されやすいため、少量でも良いので必ず朝食を食べるようにしましょう。玄米ごはんや雑穀ごはんは、食物繊維が豊富で、便秘解消に大活躍。消化吸収も緩やかなので、お腹持ちもする上に、老廃物を一緒に流してくれるので、積極的に摂ることをオススメします。「玄米や雑穀ごはんはちょっとハードルが高い……」という方は白米ご飯と一緒に、便秘解消に最適の食物繊維や乳酸菌が多く含むぬか漬けや納豆などの発酵食を摂ることをオススメします。

 

5. できるだけ水を飲む

モデルの方がしばしば実践しているという便秘の解消法がお水をたくさん飲むこと。便秘外来の医師も、便が硬くなり、お腹に溜まってしまうタイプの便秘症の方には、水を多く飲むようおすすめされているとのこと。お水をたくさん飲んで、スルリとお腹の中から排出しましょう。お水の目標は1日1Lです。

便秘解消の秘訣は、朝ごはん! 眠っているお腹をコップ1杯のお水で起こしてあげたら、しっかりごはんを食べることで、食物繊維やビタミン、ミネラルなどバランスの取れた栄養価を摂り入れることができます。お米の専門家として試して実感できたポイントですので、ぜひ試してみて! できることから始める一歩が大切です。筆者の20年来悩んできた便秘もすっきり解消できた簡単5ステップ。夏までにスッキリお腹を目指しましょう。
(5ツ星お米マイスター/発酵食スペシャリスト/薬膳インストラクター 澁谷梨絵)

【関連記事】
ブーム必至!?ダイエット・美肌づくりに◎「フルーツ麹」の作り方

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle