むくみ・ダイエットに!美容パワーアップの「枝豆」簡単レシピ

むくみ改善・ダイエット・女性ホルモン活性を目指したい方、美を損ねず美味しく飲みたい方に朗報! 今が旬の「枝豆」にはそんなアラサー女子のワガママ願望を叶える、驚きのパワーがたっぷり詰まっているんです。今回は、そんな枝豆の驚くべきパワーと、その効果をさらにアップさせちゃうお手軽レシピを2つご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■枝豆のビューティー効果3つ

・むくみ改善
・代謝促進、ダイエット効果
・女性ホルモン活性
枝豆は、豆と野菜の両方の栄養が含まれた美容効果も高い食材。豊富なビタミンやミネラル、上質なタンパク質を上手に摂取すれば、すらっとしたボディや美しい肌を手に入れられそう! アルコールの代謝を助ける働きもあるため、お酒好き女子のおつまみとしても◎。

 

■夏にぴったり!かんたん枝豆レシピ2つ

薬膳効果として、弱った胃腸の働きを整える作用のある枝豆と、気の巡りをよくし、湿をとり、食欲を回復させる香り食材などをプラスすることで、更に美容効果を高めてくれるカンタンお手軽レシピを2品ご紹介します!

燃焼効果が高い「焼き枝豆」

<材料:2人分>
枝豆(さやつき)……300~350g
ニンニク……2片
オリーブオイル……大さじ1
鷹の爪……1本
しょうゆ……少々

<作り方>
水洗いした枝豆をフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きに。適量のオリーブオイル、みじん切りしたにんにく、鷹の爪を投入して炒めたら、最後にお醤油を少し垂らして出来上がり。

 

胃腸を整え美肌効果もUP!「煮びたし枝豆」

脂肪燃焼効果の高い鷹の爪や、巡りを良くする香り食材であるニンニクを使って、ダイエット効果UPを狙います。

<材料:2人分>
枝豆(さやつき)……1袋(200~250g)
八角……1個
酒……大さじ1
塩……大さじ1/2
花椒……小さじ1/2
みりん……小さじ1/2
しょうゆ……少々
水……500cc

<作り方>
八角、酒、塩、花椒(なければ山椒でもOK)、みりん、しょうゆ、水を混ぜ合わせて鍋に入れ、沸騰したら火を止めます。そこに塩を入れ、さっとゆでた枝豆を投入。一晩ほど冷蔵庫で寝かせ、味を染み込ませたら完成。冷たいままでも、温め直して食べても◎。

香りの高い八角、花山椒の辛味でお腹を温め、冷えによる痛みを和らげて身体の余分な湿気を取り除き、胃腸の働きを高めることができます。美肌効果にも期待できますよ。

■美味しい枝豆の選び方

生の枝豆なら、枝に集中して豆のなっている鮮やかな緑色をした枝豆が新鮮で美味。ネット入りの物ならば、グリーンが鮮やかで実がパンパンに膨らんだ、表面にきちんと白い産毛が生え揃っているものがおすすめです。

栄養豊富で美容効果の高い枝豆。食材の組み合わせ次第では、その効果は更に倍増! 上手に活用し、健康美人になっちゃいましょう。
(鍼灸師/予防医学士/DANJIKIマイスター/食養生アドバイザー 小川こず恵)

【関連記事】
ブーム必至!?ダイエット・美肌づくりに◎「フルーツ麹」の作り方

【参考】
※梁晨千鶴(2005)『東方栄養新書 体質別の食生活実践マニュアル』(メディカルユーコン)

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle