美肌の大敵「冷えコリ」解消!バストアップ効果◎肩甲骨ストレッチ

皆さん、日頃から冷房対策をしていますか? 特に女性は冷えを生じやすいので、なるべく冷房に頼らないようにしている人も多いかも知れません。とは言え、既にここ最近の蒸し暑さにオフィスや寝室でも温度設定バトルが繰り広げられているかもしれませんね。筆者も冷房によるコリや冷えがとても苦手なので、なるべく利用しないようにしていますが、どうしても逃げられない状況の場合は、冷房対策を実践しています。そこで今回は、皆さんに冷気から身体を守る方法をご紹介します。

20150702kazuyo01

■夏は汗をかく季節!どんどん汗をかきましょう

夏の季節は、汗をかくことで身体の老廃物を排出します。しかし、オフィスなどでは強めの冷房設定で切換が難しく、本来かくべき汗が冷房の冷気で抑えられてしまいます。その結果、皮膚に老廃物が溜まり、肌が荒れたり血行不良から冷えやむくみを引き起こします。さらに、普段から首・肩コリに悩まされている人は冷気によってさらに酷くなり、偏頭痛などに発展する可能性もあります。

 

■冷房に負けない身体をつくる方法

では、すでに実践している人もいるかもしれませんが、もう一度確認していきましょう。

・首や肩を冷やさないようにスカーフやカーディガンなどを着用
・素足は御法度! 靴下などを着用
・温かい飲み物を飲む
・こまめに動いたりストレッチをして血行促進させる
・お風呂に浸かり、身体を芯から温める

 

■バストアップ効果もある肩甲骨ストレッチ

この動きは、首や肩、背中のコリを解消してくれます。また、二の腕の引き締めやバストアップ効果もあります。背中には褐色脂肪細胞もあるので、脂肪を燃焼させ、冷えた身体に温かい血液をどんどん流しましょう。

深い呼吸を意識するだけで、体内に血液が巡り、副交感神経が優位になり、リラックスした状態になります。この呼吸に動きを合わせるように、簡単なストレッチをすると、緊張やストレスで凝り固まった身体がスッと楽になります。
特に今回ご紹介するストレッチは、胸を開くので呼吸も深まりやすく、肺も活性化されるので、新陳代謝が活発になります。つまり、美肌効果や成長ホルモン、女性ホルモンの活性化にもつながるので、是非習慣にしてみて下さいね。

1. 椅子に座り両手を頭の後ろで軽く組みます。

20150702kazuyo02

2. ゆっくりと息を5カウントで吸いながら、肘を後ろに引き、胸を開きます。この時、両肘を背中でつけるようにイメージすると、肩甲骨が引き寄せられ、胸の前側を押し広げてくれます。

20150702kazuyo03

3. 両肘を顔の前で近づけゆっくりと息を吐きながら、背中、首を伸ばし戻します。目線はおへそから胸のあたりに向けましょう。この動作を5回を目安に動作してみましょう。

20150702kazuyo05

いかがでしたか? 胸と背中には大きな筋肉があるので、その部分を動かし呼吸を深めるだけで、身体がポカポカしてきます。ぜひ、ゆっくりと動作して冷えやコリを解消してみて下さい。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ

20150702kazuyo01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle