便秘・むくみ・ストレスも解消!?美人の常識「寝ながら腹式呼吸」

皆さんのストレス解消法はなんですか? 「食べる」「飲む」「買い物」「エステ」「好きな映画や音楽を堪能」など、いろいろあるかと思います。でも、それなりにお金がかかったり、体重が増加したり、リスクを伴うものもあります。だからこそ、お金をかけずに、ストレス解消・キレイが実現できたらいいですよね。そこで今回は、簡単にストレス解消ができて、速攻キレイになれる方法をご紹介します。

20150626kazuyo01

■やらない理由が見つからない!?腹式呼吸のメリット3つ

・お腹痩せに効果大!
・便秘解消、美肌、冷えやむくみ解消
・セロトニンの分泌が促されて、ポジティブシンキング

いかがですか? 「本当に?」と思われる人もいるかもしれませんが、本当です。お腹痩せに効果があるのは、腹横筋(ふくおうきん)という筋肉を鍛えることですが、腹式呼吸によって刺激されて鍛えられるんです。

 

便秘も改善!? その理由

便秘の原因のひとつとして腹圧の低下があげられますが、腹式呼吸には、この腹圧を上げる効果があります。腹圧とは、体幹周囲の腹~腰の部分にかかる圧力です。簡単に言えば、内臓は腹膜という風船のような袋の中に入っています。袋の中に包まれた内臓が働きやすく、また支えようとしているのが腹圧です。しかし、この腹圧も運動不足や姿勢や加齢などにより低下します。

 

心のバランスを保ってリラックス

心身ともに、呼吸によってリラックスします。セロトニン神経は、脳内神経のひとつ。右脳と左脳が交わり縫い合わさる脳の中心部分にあり、セロトニンを分泌しています。例えば、睡眠サイクルを調整するメラトニンはセロトニンから作られています。そして、このセロトニンは、心臓機能や代謝、呼吸などを管理する自立神経を調節し、心のバランスを保ちます。このセロトニンの分泌を促すのが、腹筋を使い意識的な呼吸だと言われています。

 

■美人習慣「腹式呼吸」を始めましょう

やり方は簡単ですが、実践するのは寝る前か、「イライラして衝動買いしそう!」「過食しそう!」という時にオススメです。呼吸に意識を向けて、イライラを吐き出して、心も身体も軽くしてください。

1. 仰向けになり、両膝を立てます。
2. お腹をへこませながら、ゆっくり「ふーっ」と静かに鼻から息を吐き出しながら、お腹をへこませます。
3. 息を吐き終えたら、鼻からゆっくり息を吸い込む。5分〜10分位を目安に実践してみてください。

20150626kazuyo01

いかがでしたか? 本当に簡単ですが、お腹がゴロゴロしてきたり、身体が温かくなったり、いろいろな身体の変化を感じられると思います。同時にリラックスした気持ちよさも感じられるはずです。自分の呼吸を聞きながら、美人度を上げてみてください。以前ご紹介した「思わず溜息が出ちゃう気持ちよさ!?「簡単ヨガ」で体も心も気分爽快」(関連記事をご参照ください)もご参考にしてくださいね。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ

20150626kazuyo01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle