「毎日3回腕立て」も効果アリ!?30代からのバストアップのコツ

若い頃はハリがあったのに、最近はなんだか垂れてきたかも…。なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか? 胸の垂れは老けを感じさせるポイントにもなります。そんな垂れ胸も、原因を知っておくだけで、悩みを減らせるかもしれません。今回は、バストに隠された女性のキレイを育てる重要な働きと、簡単にできるバストアップのコツをお教えします。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■これも年齢のせい?体系の変化を約8割が実感!

加齢による胸の下垂や貧弱なデコルテなどの変化に、8割以上の女性が悩んでいると言われています。しかし胸の下垂は、日頃からカップ付きインナーなどを好み、胸のサイズに合っていない下着を付けなかったり、十分なケアをしていない場合が多いことが主な原因と言われています。きちんとフィットした下着を付けないと、胸を支える「クーパー靭帯」が伸びてしまったり、加齢で皮膚の弾力そのものがなくなってしまったりと、老化が加速することも。

 

■胸の筋肉が、女性の三大不調に深くかかわっている!?

胸の重みを支えているのは、「大胸筋」という筋肉。ここが収縮すると胸のまわりの血液やリンパが循環しますが、流れが滞ると疲労物質が溜まり、冷えて固くなってしまいます。身体の中心で巡りが滞るため全身に影響し、冷え性、生理痛、むくみなどの、女性が悩みがちな不調を引き起こしてしまうと考えられるのです。

 

■エイジング世代がやるべきバストケア2つ

 (1)大胸筋を鍛える!腕立てのポイント

大胸筋を鍛えることは、きれいなバストを保つために欠かせません。ぜひやっていただきたいのが「腕立て伏せ」。医学博士の伊藤壱裕先生によれば、腕を肩幅よりも広げて行えば、より効果的だそう。「鍛える」と言うと高いハードルのように感じる方もいるかもしれませんが、回数は「できるだけ」でOK。続けて2~3回しかできなくても、毎日少しずつ鍛えることで、効果が見えてくるそうですよ。

 

(2)年齢に合わせたブラ選び

ブラジャーを購入する時、若いころ測ったサイズのまま選んでいませんか? すでに胸のエイジングを感じているなら、それは絶対にNG。上から覗き込んだ際、ブラと胸の間がカパカパになっていませんか? 胸の上までふっくらとハリのある20代のバストに合わせて作られたブラでは、エイジングバストをしっかり支えられません。購入する時は、必ずサイズだけではなく、カタチや柔らかさに合わせて選ぶようにしましょう。

あなたが感じているバストの悩みも、ブラジャーを変えたり、血の巡りをよくすることで解決するかもしれませんね! さっそく今日から意識してみてくださいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
年々気になるバスト・ヒップ・お腹の「たるみ」!日常でできる対策まとめ

【参考】
私のからだもエイジング?バスト編 – ワコール
伊藤壱裕『8歳「美しいカラダ」になる: ハピモテになる魔法の習慣』(PHP研究所)
※神藤 多喜子 『「きれい」を育てる 女性ホルモン整えレッスン』(池田書店)

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle