ボーダーでも着ヤセ!?体型別「ボーダーアイテム」の選び方

ベーシックアイテムの仲間入りといっても過言でないほど、人気の高いボーダーアイテム。 Tシャツやブラウス、時にスカートなどで取り入れ、遊びをプラスするのもおしゃれですよね。一口にボーダーといっても、色や幅、デザインなどは様々。雑誌掲載アイテムを選んでも、本当に自分に似合うかは疑問が残るところ。それもそのはず、「ボーダー」は横に膨張して見えるデザイン。体型によって似合うデザインや幅も様々のボーダーアイテムを、ステキに着こなす体型別の選び方を伝授します!

20150708hatsuyo01

■150cm台の小さめさんは「幅広」「デザイン性」がポイント

 気をつけたいのは、子供っぽすぎる雰囲気にならないこと。小さめさんはカジュアルアイテムを着ると少年のようになりがち。ボーダーアイテムはその代表とも言えます。ですから、ボーダー幅が太めのものや、ドルマンスリーブのようなデザイン性のあるものを選ぶと、ぐっとおしゃれに女性らしく着こなすことができます。

20150709_3933

 

■160cm以上ならジャストサイズで選び、カラバリを楽しんで

ボーダーの太さなど、いわゆるベーシックなものが似合います。メンズサイズも着られますが、オーバーサイズ気味よりも、ジャストサイズで着る方が、着やせ効果は期待大。

20150709_3171

色のバリエーションを楽しんだり、時にはボトムスなどにボーダーを取り入れるなど、変化球にも挑戦してみて!

20150709_6440

 

■ぽっちゃりさんは「七分丈・Vネック・Aライン」が鉄則

 ぽっちゃりさんの懸念アイテムになりがちなボーダーですが、思い込みで着ないのはナンセンス! おしゃれを楽しむためには、ちょっとしたコツで着やせ効果を狙ってみて。ポイントは丈と、胸元の開き具合。袖は七分丈を選び、胸元はVネックのものがベスト。できればAラインのように裾が広がっていると、体型も目立たず◎。

20150709_6377

この3つのどれかに当てはまるアイテムをぜひ選んでみて。体型カバーできるからといって、ワンピースやチュニックといったシルエットを隠すようなオールボーダーのアイテムは、より膨張スペースが広くなるため、逆に太って見えてしまいますよ!

オールシーズン役立つボーダーアイテム。ベーシックアイテムこそ、自分に似合ったものを知って着ることがおしゃれの近道。ぜひ賢く取り入れてお役立ちアイテムを増やしましょう!
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

【参考】
ONWARD CROSSET

20150708hatsuyo01

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle