LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

そのムダ毛処理、NGかも?「ボロボロお肌」を防ぐポイント4つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

肌の露出が多くなると気になってくるのが、ムダ毛。でも、その正しい処理方法を知らないと、肌荒れやシミの原因になってしまうんです。その処理方法には「剃る」「抜く」などの自宅でできるものから、「レーザー脱毛」などの専門機関に依頼するものまで実にさまざまです。では、どんな方法が、お肌に負担をかけずにケアできるのでしょう。

20150623nagaoka01

■セルフムダ毛ケアのメリット・デメリット

自宅でできるムダ毛ケアにも、「剃る」「抜く」「溶かす」など、その方法はさまざまです。そのメリット・デメリットをご紹介します。

1.剃る

すべての部位に適していますが、毛はすぐ生えてきてしまうため、持続力がありません。また、カミソリを肌に接するため、お肌が荒れてしまうことも。よく毛の生えている方向と反対側に剃りがちですが、肌を傷めやすいので控えましょう。

 

2.抜く

比較的効果が長持ちし、きれいに仕上がります。しかし、時間がかかるうえ、痛みも大きく、毛細血管を傷つけてしまい、出血してしまうことも。

 

3.溶かす

薬品などを使い、毛を科学的に分解する方法で、痛みもなく、ほとんどの部位に使うことができます。一方で、処理時間がかかるうえ、長持ちしないというデメリットもあります。

 

4.色を薄くする

毛の色を抜くだけなので、痛みはないのですが、伸びてくると不自然に。また、毛を薄くする薬品によってかぶれてしまうことも。

 

■肌に負担の少ないムダ毛処理とは?

意外にも思えるかもしれませんが、自宅でできるケアの中で一番安全なのが「剃る」方法。ただし、いくつか注意したいポイントがあります。

1.皮膚が乾いた状態で行う

入浴時にムダ毛ケアをする方も多いと思いますが、入浴時は角質がふやけて剥がれやすくなっていますから、オススメできません。ムダ毛処理は皮膚が乾いた状態で行うようにしましょう。

 

2.シェービングクリームよりワセリンが◎

シェービングクリームによるムダ毛処理は、ムダ毛を剃りやすい分、皮膚の脂まで取ってしまう可能性が。皮膚を保護するためにはワセリンをオススメします。もちろん、何も塗らないというのは、角層を無理やり剥がしてしまうので、できるだけ避けましょう。

 

3.処理は2週間に1〜2回程度がベスト

この時期は、毎日ムダ毛処理をしているという方も多いと思いますが、それでは肌へのダメージもひどく、色素沈着も起こりやすくなります。2週間に1〜2回程度がベストです。

 

4.生理前後はなるべく避ける

生理前後は、肌の抵抗力が落ち、皮膚が敏感になっています。生理が終わって肌が安定してから行うのがベストでしょう。

とはいえ、肌を露出しなくてはいけないこの時期は、ムダ毛処理は欠かせません。そんな時は専門医によるレーザー脱毛をオススメします。自分では処理しきれなかったムダ毛を取り除いてくれたり、皮膚科的な観点で肌トラブルもないよう処理してくれます。ただし、安い値段につられて専門的な処理ができずに、肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒! レーザー脱毛をする際には、皮膚科医がいるかどうかや、周囲の評判などを聞いて、きちんとした処理を行ってくれるところを選びましょう。
(美容ライター・エディター 長岡宏江)

【関連記事】
背中の産毛・ニキビ・日焼け対策!「美背中キープ」の方法まとめ

【参考】
自分でできるムダ毛ケア – 日本医学脱毛協会
ムダ毛の処理、上手にできていますか? – +Wellness

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150623nagaoka01

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら