骨盤の歪み改善&生理痛をラクにする!?気持ちい〜いヨガポーズ

女性の運命的な使命としてやってくる生理。排卵が起きてから生理が終わるまで月の半分以上はすっきりしない日々に悩まされる女性も少なくないのでは? 仕事に家事に忙しい30代・40代のエイジング世代は、休む暇もなく不調を乗り切らなくてはならないのも現実。今回は、できるだけ心身のストレスから解放し、短時間で効果的に回復する方法をヨガのポーズをご紹介します。

AB253649293

■一石三鳥!「鳩のポーズ」が女性を救う

内膜や卵巣を守っている「骨盤」。骨盤周りの血流をよくすることは、温める効果を生むため生理痛に効果的。腿の付け根にある腸腰筋(ちょうようきん)や股関節へアプローチすることで、骨盤全体を温めることができます。すると女性にとって大切な子宮などの臓器がある骨盤内の血流がよくなるため、生理痛にも効果が期待できるのです。

 

骨盤のゆがみ改善

また、骨盤のゆがみを改善し、気持ちよく背中を伸ばすことができるので、腰痛にも◎。血流が促進され、冷えも改善できるので、女性にとって嬉しい一石三鳥のポーズです。辛い生理中の症状を少しでも和らげましょう。

 

■やってみよう!鳩のポーズ

1. 右足をあぐらのように折り曲げ、左足を後ろに伸ばします。左右どちらかに偏らないように真ん中に重心をおきましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

2.  そのままゆっくりと上半身を前に倒します。10秒から20秒ほどゆっくりと呼吸しながら全身リラックスしましょう。腿の付け根や背面、お尻が気持ちよく伸びているのを感じてみましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

3. ゆっくりと上半身を起こし、左右の足を入れ替えて1から順に反対側も行いましょう。

頭痛がひどく、めまいなどを起こしやすい人は無理をせず、生理の3日以降出血量が少なくなってから行ってみましょう。生理中の痛みがひどい時だけでなく、日常から骨盤周りを温めることで生理痛の緩和につながりますよ。ぜひ試してみてくださいね。
(Lapure(ラープレ)主宰/ヨガ&フェイシャルヨガ講師 森初世)

【関連記事】
PMS症状が辛い人必見!生理前の「イライラ・気落ち」をラクにするヨガポーズ

AB253649293

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle