コスメの効果アップ!?「効かない…」と思ったら試したいこと4つ

コスメとの出会いも一期一会。お気に入りのコスメに出会えると、長く愛用したくなりますよね。しかし、その一方でお気に入りのコスメの効果を感じられなくなることも。そこで、今回は、いつも使用しているスキンケアアイテムの効果が感じられなくなった時にぜひ試して欲しい、「コスメの効果をアップさせる方法」についてご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■コスメの効果をUP!簡単セルフケア

1.「塗り方」を変える

皆さんは、ご自分の毛穴を間近で観察したことがありますか? ないという人は、自然光が入る明るい場所で鏡を近づけ、自分の毛穴をじっくりと観察してみましょう。若い時には小さく丸い状態だった毛穴が、年齢とともにハリ・弾力を失うなどして、すり鉢状に大きくなり、様々な形に変化していく傾向にあります。そのため、無造作にスキンケアしていると、有効成分が肌に行き届かない場合も。そこでオススメしたいのが、自分の毛穴の方向と逆方向に向かってスキンケアアイテムを塗っていくこと。そうすることで、コスメの効果を高める効果が期待できます。

 

2.角質ケアをする

「最近忙しくて角質ケアをしていない」「肌がくすんで見える」。そんな人は不要な角質が肌に付着し、角質肥厚を起こしているかもしれません。角質肥厚を起こしているとコスメが浸透しにくい傾向にあります。そのため、クレイやミルク、ジェルなど、一度の使用でも効果が期待でき、擦らずに洗い流す角質ケアアイテムを取り入れることをオススメします。

 

3.ブースターを導入

いつものスキンケアアイテムの効果がイマイチ感じられなくなったら、ブースターを導入するのもひとつの手です。ブースターは、次に使うアイテムの浸透を高める効果が期待できます。ブースターと明記された専用のものでなくても、肌なじみのいい馬油などのオイルなどでもOKです。

 

4.「シンプルケア」を試してみる

肌悩みが多いとコスメの数も増えてしまいがち。しかし、複数のコスメを同時に使用すると肌を甘やかし、肌本来の機能を低下させる恐れがあるという説も。いつものコスメが効かなくなったと感じる人は、過剰なケアが原因かも!? 一度アイテムの見直しを行い、「必要なコスメを厳選する」「複数の肌悩みにアプローチできるコスメを使用する」など、シンプルなケアにシフトすることをおすすめします。

効果が感じられなくなったからと、スキンケアアイテムを一気に別のものに変えてしまうと、肌に負担をかける恐れがあります。アイテムをすべて入れ替える前に、まずはひと工夫加えてみて、再び効果を感じることができるかどうか試してみることが大切です。それでも効果を感じられなかったり、手持ちのアイテムが今の自分の肌にマッチしなくなったかもしれないと感じたりしたら、少しずつ見直して、入れ替えてみてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
資生堂リスナーズカフェ 季節の美容情報 – 資生堂
※吉木伸子著(2011)『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』(池田書店)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle