LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

梅雨は「体も除湿」がマスト!?むくみ解消「美脚を作るツボ」3つ

小川こず恵

puroF

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ジメジメとした梅雨。気持ちも鬱々としやすく何だか身体もおもだるい。そしていつもよりも身体がむくむくとむくんでいる気がしませんか? 今回は梅雨時期に引き起こされる下半身のむくみ対策に効果的なツボを3つご紹介します。

20150623ogawa01

■梅雨時期はむくみが起こりやすい!?

梅雨時期は外の気候と同じように体内にも湿気が溜まりやすい季節。東洋医学や漢方の世界ではこの体内に発生する湿気のことを「湿邪(しつじゃ)」と呼び、むくみやだるさ、皮膚トラブルや、関節痛など様々な不調を引き起こす原因になると言われています。

 

■「湿邪」による下半身むくみに効果的な3つのツボ

これらのツボを足を掴み親指でグッと骨にあてるるような感覚で、押し込み5秒間×3。夜のお風呂タイムや寝る前の習慣として、また、全て膝から下にあるツボなので、オフィスの休憩タイムにも行えます。せんねん灸などで心地よく温めるのもオススメです。

20150624ogawa01

豊隆(ほうりゅう)

すねのやや外側、真ん中あたり、筋肉の一番盛り上がった所にあるツボ。体内の余分な水分を取り除くのに特に効果的。

 

陰陵泉(いんりょうせん)

内くるぶしの延長線上、すねの内側でひざ下の骨のやや前下にあるツボ。水分代謝を調節してむくみの解消に効果的。

 

三陰交(さんいんこう)

内くるぶしの一番高いところから、指4つ分上がった骨の際にあるツボ。体内の水分代謝を高めて消化不良や冷え・むくみ、女性ホルモンの働きを促し身体に元気を与えるのに効果的。

心地よく刺激して、むくみ知らずのスラッと美脚を手に入れちゃいましょう!
(鍼灸師/予防医学士/DANJIKIマイスター/カウンセラー 小川こず恵)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150623ogawa01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事