LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ダイエットの味方!管理栄養士が伝授「おつまみ系おやつ」5選

麻生れいみ

麻生れいみ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ダイエット中に空腹を感じても、間食はガマン、ガマン。でも、挙句の果てに夕食を食べ過ぎてリバウンド! そのままヤケ食いに突入! なんて経験は、誰にでもあるのでは。コンビニエンスストアでも購入可能な「おつまみ」は、実はダイエットの強い味方。そんな5つのおつまみ食材をご紹介します。

A256779181

■コンビニで買える「おつまみ系おやつ」5つ

疲労回復も期待できる「おしゃぶりこんぶ」

昆布のミネラル分には新陳代謝を高める働きが、ビタミンB1には疲労回復の働きがあります。健康な身体は弱アルカリ性ですが、昆布はアルカリ性食品としてもトップクラス! 酸性に傾きがちな現代人の身体をアルカリ性に戻してくれます。甘味料が添加されていないものを選びましょう。

 

40代なら積極的に食べたい「小魚」

頭からしっぽまで骨ごと食べることができる小魚は、少量でも効率よく栄養を摂ることができて食べやすいですね。40代からは特に気をつけたい、骨粗しょう症の予防に欠かせないカルシウムの摂取量はバツグン! ちなみに、30代・40代女性の1日のカルシウム推奨量は650mg。小魚を間食で積極的に取り入れれば、無理なくクリアできそう。

 

女性にうれしい成分いっぱいの「枝豆」

むくみを防止するカリウムや、強い抗酸化作用をもち、大腸で便を適度なやわらかさにしてお通じをスムーズにしてくれるサポニン、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンなど、女性には嬉しい成分ばかりがそろっています。

 

肝臓の味方!?「焼きあたりめ」

豊富なタウリンは、コレステロール低下、肝臓で脂肪を分解・排出、視力回復などの作用があります。甘味料が添加されていない、乾燥タイプの焼きあたりめを選びましょう。

 

定番の「ナッツ類」

くるみ、アーモンド、ピスタチオ、マカデミアナッツなど。ナッツ類には、身体で作られず、食事で摂取する必要があるオメ ガ3脂肪酸などの良質の油や、植物性タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれていて、まさに「食べるサプリメント」。アンチエイジング効果もあ り、キレイに痩せる身体作りのナビゲーションとなるパワーフードです。1日50gまでを目安に。

小腹が空いた時に、ちょこちょことつまむのがコツ。お腹にたまり、腹持ちがよく、夕食の過食も抑えてくれます。これが、間食の利点ですね。これらはタンパク質も豊富なので、肝臓の代謝機能が促進され、結果としてアルコールの分解も活発になりますので、30代・40代向けのアンチエイジングなおつまみとしてもおすすめです。これからは「スイーツコーナーよりおつまみコーナーへ」を合言葉に!
(管理栄養士/日本抗加齢医学会会員/機能性食品研究家 麻生れいみ)

【関連記事】
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

A256779181

Related Article関連記事

ピックアップ

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら