LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

3日に1度でアンチエイジング!「ブロッコリースプラウト」の食べ方

岩田 まなみ

iwata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

忙しくて自炊している時間がないけれど、アンチエイジングフードに興味がある! という方に是非利用して頂きたいのが「機能性野菜」。野菜や果物に含まれる有効成分が強化された機能性野菜は、いつでも美しくありたい女性の味方。とくに抗酸化作用の高い『ブロッコリースプラウト』は、アンチエイジングにおススメですよ。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

■『ブロッコリースプラウト』とは?

『ブロッコリースプラウト』とは、米ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレー博士が発見したブロッコリーだけに含まれるフィトケミカル『スルフォラファン』を高濃度に含んだ野菜。ブロッコリー1kg分の『スルフォラファン』が、たった50gで摂れるという品種もあり、少量でもパワーのある野菜です。

 

■『スルフォラファン』のアンチエイジングパワー 4つ

(1)抗酸化力がスゴイ!

『スルフォラファン』の抗酸化作用は、それ自体にあるというよりは、もともと身体に備わっている抗酸化作用を高める作用が強いのが特徴。スルフォラファンが体内に入ると、細胞の身体を防御する酵素の生成が促され、活性酸素から身体を守ります。

 

(2)デトックス効果がスゴイ!

排ガスやタバコ、食べ物などから、有害な物質が身体に入ってくると、体内の解毒酵素が働き有害物質を排除するのですが、『スルフォラファン』は、この解毒酵素の働きを強め、有害物質から身体を守ります。

 

(3)美ボディキープにも欠かせない

村上農園と城西大学太田教授の研究によれば、『ブロッコリースプラウト』を食べることで、内臓脂肪の蓄積が抑制されることが判っています。内臓に脂肪が溜まると、内臓が本来の働きができず代謝の悪い余分なものを溜めこむカラダになってしまいます。

 

(4)お酒好き女子はマスト

『スルフォラファン』の解毒酵素活性作用は、もちろんアルコールに対しても有効。カゴメ株式会社のジョンズ・ホプキンス大学の研究によれば、スルフォラファンにはクルクミンの25倍の解毒力があるとのこと! 二日酔い予防にも欠かせませんね。

 

■『ブロッコリースプラウト』がおススメな理由

身体を様々な有害物質から守ってくれる『スルフォラファン』。最大の魅力は、スルフォラファンによって作られた解毒酵素の働きは3日間持続するという事。1週間に『スルフォラファン』50gを目安に食べると良いそうですよ!

 

■『スルフォラファン』の食べ方ポイント 2つ

(1)生で食べる

『スルフォラファン』は、ブロッコリースプラウトに含まれる「ミロシナーゼ」という酵素と反応することで生まれる成分。スルフォラファン自体は熱に強いのですが、ミロシナーゼが熱に弱いため、生で食べるのがおススメ。ただし、加熱したとしても吸収率が悪くなるだけで、腸内細菌によってスルフォラファンに変わることが確認されているそうですから、加熱したほうが食べやすい方は加熱してもOK!

(2)良く噛んで

良く噛んで食べることで、ミロシナーゼとの反応が高まり『スルフォラファン』の吸収率がUP。また、噛むことで分泌される唾液には若返りホルモン「パロチン」が含まれていて◎。

活性酸素や有害物質は、必ず身体に入ってくる成分。入ってきたものは、しっかり出すことが大切。『ブロッコリースプラウト』は、スーパーで簡単に買うことができますから、3日に1度『ブロッコリースプラウト』を習慣にしてみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田 麻奈未)

 【関連記事】
美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方

 【参考】
スルフォラファンとは? – 村上農園

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life &Aging Report

Related Article関連記事

最新の記事