LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする

ガムで対策!たるみ目元・ほうれい線に「咀嚼筋エクササイズ」

LAR編集部

icon

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

30代・40代女性のお悩みの定番、ほうれい線や顔のたるみ。日々の心がけとして「咀嚼」が非常に大切なことは有名ですが、実は目元のたるみにまで関わるそう。そんなお話を教えてくださったのは、表情筋トレーナーの内田佳代先生。LAR編集部は、「歯と口の健康習慣」に向け東京都渋谷区に5月28日にオープンした「リカルデント 美噛むカフェ」のイベントに登壇した内田先生を取材。ガムを噛みながらできる、咀嚼筋のエクササイズについて教えていただきました。

0602laredit1

 

■まず「咀嚼筋」の働きを感じてみよう

片手でこめかみ当たりを押さえ、噛む動作をしてみましょう。

0602laredit2

このとき動くのは「側頭筋」と呼ばれる部分。軽く噛んだ場合と、しっかり噛んだ場合では、動き具合に大きな差が出るはず! 口元を大きく動かせば動かすほど、側頭筋がきちんと動くのです。「目元のたるみ」にも影響してくるのがこの部分。側頭筋が衰えると、老け顔の一因になってしまうということですね。

0602laredit3

下顎にある「咬筋」も咀嚼筋のひとつ。「ここが衰えると顎がたるみ、❝ブルドッグ顔❞と呼ばれるような、たるみ顔の大きな原因になる」のだそう!

 

■ガムで出来る!表情筋エクササイズ

普段の食事ではもちろん、ガムも上手に活用しながら意識的に「咀嚼する」ことを習慣づけましょう。粒ガムなら2粒、板ガムなら1枚を用意。噛み始めて、少し柔らかくなったらエクササイズ開始。

0602laredit

上図の番号のように、「右の奥歯」→「左の奥歯」→「左の奥歯」→「右の奥歯」→「前歯」の順にガムを置き、口を閉じたまま大きく口を動かして10回ずつ噛みます。ガムに合わせて舌も動かし、ガムの近くに添えるようなイメージで行うのもポイント。顔の筋肉は細くて細かいので、大きな動作ほど効果的なのだそうですよ。

 

■エクササイズに効果的なタイミングは?

内田先生によれば、「いつやるかということよりも、継続が大切」とのこと。自身のライフスタイルの中で、「いつなら毎日できるのか」というタイミングを見つけることが何よりも重要なようです。

 

■「美噛むメニュー」でお食事中の咀嚼を習慣づけ!

美噛むメニュー

「リカルデント 美噛むカフェ」は原宿キャットストリートの「SUZU CAFE 神宮前」にて、2015年6月10日までの限定オープン。抗酸化作用たっぷりの食材を使用し、咀嚼回数が自然と増える、管理栄養士監修の「美噛むメニュー」3品を展開しています。渋谷・原宿界隈でランチに迷ったら、ぜひ訪れてみて!
(LAR編集部)

【関連記事】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを解消

 【参考】
美噛むプロジェクト – モンデリーズ・ジャパン

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

0602laredit1

Related Article関連記事

ピックアップ

美容家が実践。有名クリームの裏技で老け見えシミ肌対策を!

年齢を重ねるたびに増えていくエイジングサインの中でも、多くの女性が、肌悩みとしてあげるのが「シミ」です。シミは、肌にポツンとあるだけで老けて見えてしまうので、日頃からシミを防ぐケアをしっかりと行うこと …

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。 そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があ …

“自分時間”が美肌を作る!忙しくてもきれいな人の美肌習慣って?

肌悩みが増えるアラフォー女性にとって、美容にたっぷりと時間をかけることは、切望しながらも実際は難しいもの。家族や友人の助けなくしては、自分のための時間を確保することさえ難しい、と感じる方も多いのでは? …

見直すのはシャンプーだけではなかった!?プロが教える、毎日の「ツヤ髪ケアの秘訣」

髪のパサつきやうねり、くせ毛のために、シャンプーやトリートメント選びにこだわっているという女性は多いですよね。 さらに、ツヤ美髪を目指すなら、“使い方”にもこだわる必要があるようです。それは、“毎日使 …

ストレスでシミが加速!?美のプロも頼る美白ケアって?

出会いや別れ、環境の変化も多い春は、期待とともに精神的なストレスを感じやすい時期。この時期、肌荒れに悩みがちという女性も少なくないのでは? 最新の研究では、ストレスによる肌荒れは、ニキビやザラつきだけ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら