LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

顔もボディも!リフトアップに不可欠なのは●●機能だった!

余慶 尚美

余慶尚美fNew2015

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

年齢を重ねてくると、フェイスラインがすっかりたるみがちに。「マリオネットライン」とともに、顔のもたつきが気になったり、顔だけでなくぽっこりお腹も気になったりと、全身が重力に負けているような気になりますよね。この「下がり」「たるみ」の原因は自然の力「重力」だけではなく、実はあなたの「あの機能」が上手く働かず、拍車をかけている場合があるのです。

62a5a996972819da82a606e51f0e53a5_m

■あなたの「あの機能」大丈夫? セルフチェックポイント7つ
それではここで、あなたの「あの機能」がちゃんと働いているかどうかをチェックしてみましょう。

  • 食後すぐ眠くなる
  • 月経がダラダラ続く
  • 顔や手がやや黄色っぽい
  • 気力がなく、カラダがだるい
  • 口内炎や口角炎ができやすい
  • 口のまわりに吹き出物が出やすい
  • 下半身太りで上半身は痩せ気味。お腹ぽっこり体型

さて、いくつくらいあてはまりましたか?多ければ多いほど、あなたの「消化機能」は弱っていて、マックスに力を発揮できていない可能性があります。

■    「消化機能」って?
ここでいう消化機能とは、中医学をベースとし、長い歴史を経て「経験」を基に確立された漢方でいう、「脾」(ひ)を指します。中医学でいう「脾」とは、「胃」と仲間で消化活動を行い、生命活動のベースとなる「気」を作り出すのに大事なところです。他また、「脾」は、「内臓下垂」などを防ぎ、本来あるべき場所へ引き上げるという力があると言われています。また、「不正出血」など「漏れる」ことを防ぐこともこの「脾」の役割です。

 ■「脾」の機能を上げる食材
ここでは「脾」の機能を上げるのに効果的な食材を紹介します。オススメは、じゃがいも、やまいも、さといもなどの芋類やかぼちゃ。ただ食べ過ぎると、せっかく作った「気」を「脾胃」に留まらせてしまいます。ゲップが出るなど消化機能に負担をかけてしまうので、カラダ全体に行き渡らせる紫蘇や茗荷、セロリ、クレソンなど香りの高い野菜と一緒に摂る事をオススメします。また、市販の漢方薬として「脾」の機能を上げる代表的なものに、「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」などがあります。お薬の場合は、自己判断ではなく、必ず、専門医や薬剤師さんに相談してみください。

(国際薬膳師/国際薬膳調理師、漢方養生指導士 余慶尚子)

【関連記事】
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
※ 辰巳 洋著「実用中医学―一冊でわかる基礎から応用」源草社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

62a5a996972819da82a606e51f0e53a5_m

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事