LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

これぞ大人流!体型で選ぶ「ひざ丈スカート」の着こなし術

ヒグチ トモミ

higuchi

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

去年から久々にスカートが大流行してますね。 丈もここ数年はずっとミニ丈が流行していましたが、今年らしいのはひざ丈。 ミニに抵抗がある人も、ひざ丈なら履きやすいですよね。 しかしそんなひざ丈のスカート、やや履きこなすのが難しいところも。 体型もカバーしてくれる膝丈のスカート選び方を教えます。

556005c6f0e84448be737fb80d8235c7_s

■丈はひざがギリギリ見えるよりは見えないものを

ひざは視点のポイントになりやすい部分。 ひざの位置で足の長さも判断されやすいものです。 また今年の場合ひざが見えるとハンパな丈に見え、野暮ったく見える可能性もあるので、ひざは見えない方がよいでしょう。 ふくらはぎの一番太い位置に丈が来ると太く見えやすいので、ひざが隠れて一旦細くなる位置、またはふくらはぎの一番太いところが隠れる位置に丈が来ると良 いと思います。ひざ丈スカート2

■トップスはインが鉄則!

ハンパな丈のスカートに裾を出してトップスを着ると全体的に視点が下がり、ルーズな印象を与え、スカート丈の分量の少なさから足が短く見える危険が。 お腹が気になる人はトップスで隠しがちですが、ここは思い切ってインする方がすっきり見えます。ひざ丈スカート1

■お腹周りの悩みをカバーするならボリュームデザイン

年齢が上がるにつれお腹周りの悩みは増えてきますよね。 お腹周りをカバーしてくれるのは、たっぷりドレープの入ったサーキュラースカートや細いアコーディオンプリーツスカート、分量の多いギャザースカートです。 一見、太って見えそうですが、ドレープやプリーツ、ギャザーのボリュームでお腹周りがデザイン的に見え、強調されなくなります。 縦のラインも強調されるのでさらに着やせ効果が! ドレープやギャザーは分量が少ないと、お腹周りが隠れず逆に目立つので、ボリュームがある方がよいでしょう。

 

■お尻や太ももの悩みをカバーするならタイトスカート

お尻が大きい、太ももが太いという悩みを持つ方もいるでしょう。 そういった方はあえてタイトスカートを履いてみるのはどうでしょうか?  タイトスカートはお尻が小さい、扁平なお尻はサマになりません。 大きいのを魅力として、強調してみるのも素敵ですよ。 またお尻が大きく張っているとシルエットが自然とコクーン風になり、ひざ下の脚が綺麗に見えます。

 いかがでしたか?  なかなか難しいひざ丈スカートですが、大人の女性だからこそ着こなせるエレガントなアイテムだと思います。 沢山試着して自分に似合う丈を是非探してみて下さい。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

 【関連記事】
大人はシルエットにもこだわりたい!なで肩&いかり肩のOK服・NG服

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

556005c6f0e84448be737fb80d8235c7_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事