プロ直伝!「たるみ・乾燥毛穴」ケア方法とチークの入れ方&選び方

普段、筆者はメイク現場では、その日のモデルさんや芸能人の方の肌悩みをお伺いし、改善しながらメイクをしています。メイクで改善できることもありますし、それ以前のスキンケアを見直すだけでもかなり変わってきます。そんな中、いただくお悩み堂々の第一位はズバリ、「毛穴」。ただ、毛穴とひとくちに言っても、乾燥・皮脂・汚れなどの原因がなんなのかによって対策も変わってきます。原因を知らないと対策も改善方法もわからないままなのでどんどん悪化してしまうんです。今回は、「乾燥」による毛穴の対策方法をご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■まずは「毛穴開き」のタイプをチェック!

頬のお肌を手のひらでこめかみ側に持ち上げてみましょう。この動作で毛穴がなくなるようなら、あなたの毛穴開きは、ドライ肌・たるみが原因です。

 

■メイクの前に!毛穴対策のケア2つ

毛穴をカモフラージュ!「マッサージ保湿」

(1)お顔をマッサージしましょう。リフトアップ効果だけではなく、その後のローションの吸い込みも良くなります。
(2)肌を保湿するために、ローションをしっかりと2〜3回重ねづけをしてから、シートマスクをつけます。
そうすると、肌がふっくらし、毛穴が目立たなくなります。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンlife & aging report

毛穴が目立ってきたときの「応急処置ケア」

(1)口角の横あたりに手のひらの付け根を置きます。
(2)そのまま手のひらの付け根を頬骨の下から上にひっかけるように頬の肉を集めます。
(3)上げたまま10秒キープします。
この動作をすると、少しの間頬がリフトアップできるので、たるみによる毛穴開きには有効です。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンlife & aging report

 

■毛穴が気になる日のチークの選び方

メイクをするときは、チークはパウダータイプでパール感のないものを選びましょう。ミネラルタイプだとさらに良いですね。
パール感はツヤっぽくは見せてくれますが、肌のアラを目立たせてしまいますし、クリームチークはつけっぱなしだと「毛穴落ち」という現象が起きてしまいます。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンlife & aging report

クリームチークを使いたいときには

クリームチークを使いたい場合には、後にパウダータイプのチークを少しのせるか、フェイスパウダーを下から上に向かって入れるようにすると毛穴をカバーでき、桃のようなふわっとした肌が演出できます。

いかがでしたか? スキンケアやチーク選びなど、どれも今すぐ試せるものばかり。ぜひ試してみてくださいね。
(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI)

【関連記事】
プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle