30代なら毎食!美腸&美肌をつくる「発酵食品」と取り入れ方

発酵食品と聞くと、特別な食べ物と思いがち。でも、意識していないだけで、醤油に味噌、納豆、チーズ、みりん、かつお節にお酒、漬け物にヨーグルトなど、日々の食事に自然と取り入れられている日本人の食卓に欠かせない食品なんです。しかも、とっても優秀で良いこと尽くめ。特に食生活が乱れがちな30代・40代の女性にとっては、消化吸収を促し、美肌やアンチエイジング効果も高い「発酵食品」を知り、毎食摂るように心がけることで、身体が確実に変わっていくはずです。

AB104864003

■「発酵食品」ってどんな食品?

「発酵」とは、食材に発生した微生物が繁殖をして、もとの食材の成分を変化させることですが、簡単に言うと、「茹でた大豆が納豆になる」「牛乳がチーズやヨーグルトになる」「お米がお酒やみりん、しょうゆになる」ことが発酵です。「発酵」を行うことで、成分が変化し、より一層栄養価が高くなり、保存性も高くなります。最近は食の欧米化が進み、発酵食品を摂る女性が減っていると言われていますが、発酵食品は美や身体を作る栄養の宝庫ですので、上手に食生活に摂り入れることは、健康な身体を作る上でとても大切です。

 

■発酵食の嬉しい効果3つ

1.代謝アップ

発酵食品を食べることで、消化吸収が良くなり、代謝がアップしますので、身体の中の老廃物を排出してくれる効果が期待できます。

 

2.美容・美肌効果

発酵食品には多くの善玉菌が含まれるので、腸内環境を整え、美肌効果、お腹スッキリ効果が期待できます。

 

3.アンチエイジング効果

発酵食品は良質な菌を増やす働きをしてくれるので、身体の中を丈夫にしてくれます。また、体内を正常に保つ効果があるため、いつまでも若々しく身体の中からキレイになれます。

 

■手軽に摂り入れられる発酵食品5つ

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

1.お味噌汁

発酵食品である味噌を使ったお味噌汁を作ることで、気軽に発酵食を摂り入れることができます。季節の野菜を入れれば栄養価もUP!

 

2.お醤油+お刺身

醤油でお刺身を食べることで、生魚の酵素を摂り入れるだけでなく、醤油の発酵パワーも得ることができます。

 

3.お酢ドレッシング+生野菜サラダ

酢を使ったドレッシングを作り、生野菜にかけることでサラダの酵素を摂れるだけでなく、酢の発酵パワーも得ることができます。

 

4.納豆とろろごはん

とろろと納豆を「押し麦入りごはん」にかけて食べると、食物繊維をたっぷり摂ることができ、お腹もすっきり!

 

5.ぬか漬け+白ごはん

ぬか漬けはタンパク質、脂質、食物繊維、ビタミンB群やマグネシウムなど栄養価が満点! 乳酸菌や酵素を摂れるので、ごはんと一緒に食べれば、玄米を食べているのと同じくらいの栄養価が摂れます!

「発酵食品」を知り、毎食ひとつは摂るように心がけるだけで、身体は変わります。ぜひ試してみてくださいね!
(薬膳インストラクター/発酵食専門家 澁谷梨絵)

【関連記事】
スプーン1杯!混ぜるだけで栄養バランスを整える「ヘンプシード」の食べ方

【参考】
※タカコ・ナカムラ著(2014)『醸しにすと 発酵食スペシャリスト養成講座テキスト本』(がくぶん)

AB104864003

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle