お腹まわりスッキリ!薬膳のプロ直伝「タイプ別便秘解消法」

「便秘」と聞くと、多くの女性が悩まされている症状のため、深刻に捉えない方が多くいらっしゃいます。しかし、「たかが便秘」とあなどるなかれ! 便秘症状が続くと、身体の中で様々なトラブルが発生します。放っておくと、頭痛、食欲不振、疲労、口臭など、女性にはツライ様々な症状が現れることも。自分の便秘症状がどのタイプなのか知れば、自分に合った食材も見つかるはず。改善に努めましょう!

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■そもそも便秘って?

便が乾いて硬くなったり、排便が困難、また時間がかかったりする症状のことです。排泄までにお腹が張ったり、腹痛が起きてしまったり、便がスムーズに出なかったり、というのも便秘の症状です。原因は、腸の動きの低下と便のすべりの悪さであると言われています。

 

■便秘症状4タイプと改善食材

薬膳的には、便秘は4つのタイプに分かれます。いずれも潤いを補給することでは統一していますが、それぞれ自身がどのタイプに該当するのか、簡単チェックで身体の中から便秘を改善しましょう!

1.「熱タイプ」の便秘

食べ過ぎや過度の飲食、油ものが多い食事などで腸内に熱がこもってしまうことで便が乾燥してしまう症状を示します。太り気味で、常日頃から体温が高く、便通が良くない方に見られがちな症状です。

・処方:熱を冷まして潤いを与える白菜、セロリ、こんにゃく、豆腐などの食材を取り入れましょう。
・オススメレシピ:セロリと豆腐のサラダ

 

2.「冷えタイプ」の便秘

身体を冷やしてしまったり、元々身体が冷えやすい体質だったり、腸が冷えて動きが鈍くなる症状です。痩せ気味で、常日頃から体温が低めで、便通が良くない方に見られがちな症状です。貧血の方や、春夏でも足先が冷えるような方はこのタイプが多いです。

・処方:身体を温めて潤いを与えるかぼちゃ、さつま芋、レンコンなどの根菜類を取り入れましょう。
・オススメレシピ:根菜カレー

 

3.「気が滞るタイプ」の便秘

 ストレスや運動不足などで腸内の気の流れが滞り、腸の動きが鈍くなる症状。忙しくて不規則な生活を送る方に多く見られるのがこのタイプ。逆に言えば、生活習慣を気を付けることで改善が可能です。

・処方:気の流れを作って潤いを与えるそば、大根、かぶ、らっきょう、みかんやグレープフルーツなどの柑橘類を取り入れましょう!
・オススメレシピ:たっぷり大根のおろしそば

 

4.「気・血が不足するタイプ」の便秘

高齢者や疲労困憊の方に多いタイプ。腸を動かす気の力が不足していることや、血が不足して腸が栄養不足になっていると起きてしまいます。30代・40代の女性には少ないですが、忙し過ぎて疲労が溜まってしまうと発生しかねないので、気を付けましょう。体力が落ち、食欲の無い方に多いです。

・処方:気・血を補い、潤いを与える山芋、じゃが芋、はちみつ、小松菜、ホウレン草、にんじんなどの食材を取り入れましょう!
・オススメレシピ:じゃが芋、ホウレン草、にんじんの入ったお野菜たっぷりクリームシチュー

タイプ別食材を通じて、自身に合う腸内改善食材を取り入れてみましょう!
(お米・雑穀マイスター/薬膳インストラクター  澁谷梨絵)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

【参考】
※横田正隆(2014)『薬膳インストラクターテキスト』キャリアカレッジジャパン

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle