「ペタンコ髪」は老け見え!雨対策スタイリング&ブロー方法

じめじめする季節、全然まとまらないヘアスタイルに諦めていませんか? そんな時こそ、まわりに差をつけるチャンス! 今回は、ぺたんこヘアにさせない正しい乾かし方をご紹介します。スタイリングを見直して、湿気でうっとうしい季節も爽やかに過ごしましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■なぜ!?まとまらない大人の髪の毛

毎日のスタイリングがうまくいかず、悩まされがちな大人の髪。これは、髪内部の水分バランスが乱れることが原因です。水分が過剰に吸収されると、髪を構成する要素がガタガタになり、その状態のまま乾くと“うねり”になります。また老化で、細く、減ってしまった髪は、多すぎる水分量に耐えられず、ぺしゃっとつぶれます。湿気の多い日に、せっかくきめた髪形が崩れてしまうのも、このような水分バランスの乱れが原因なのです。

 

■スタイリング上手な乾かし方

髪をまとめるコツは、水分のコントロール。スタイリングの際に、うねりの原因を作らず、しっかり乾かすことが大切です。

1.ベース作り

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

後ろから前へ流しながら、ドライヤーの風で根元を浮かせるように乾かします。指先を地肌にあてて、根元を小刻みに立ち上げながら、ふんわりと。毛の流れがバラバラにならないように方向を揃えましょう。根元が濡れている状態から始めて、完全に乾く手前まで乾かします。

 

2.ブロー

●ストレートの場合

(1)指で髪の流れを整えながら、頭に巻き付けるようにして、風をあてます。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

(2)髪の内側に指を入れ、外側にふんわり半円を描くように整えます。手の動きに合わせて、風をあてます。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

●ウエーブの場合

(1)根元からふんわりとねじりながら、後ろからドライヤーをあてて乾かします。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

(2)手の平でねじった毛の束を持ち上げて、冷風をあてて形をキープします。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

3.スタイリング剤の使い方

まずは根元にヘアスプレーをし、ボリュームを出します。次に、髪の内側、外側にも薄くスプレーして、全体のキープ力をあげましょう。毛束感が欲しい時は、ワックスを薄く塗ってから、髪全体にスプレーすると長持ちしますよ。

いつもより少し時間をかけて丁寧にブローすることで、見違えるような仕上がりに! 髪がまとまりにくい季節のお悩みも、これでサラっと解消しましょう! ぜひ試してみて下さいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ

【参考】
うねりやくせ毛 大人の髪の悩み クリニケアで髪のエイジングケア – P&G
髪と地肌の上手なお手入れ方法 上手なスタイリングの手順 – 花王

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle