30代でも美ボディ!「上半身太り」と「むくみ」の解消法まとめ

上半身のむくみ、ぽってり二の腕や肩、デコルテなどの上半身太りなどに悩むあなたにとっておきの効果的な美ワザをご紹介します。

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■上半身太りをツボで解消!?腕・肩スッキリ「漢方マッサージ」って?

上半身太りの原因は「肺機能」

午前中は上半身がむくみがち、秋になると空咳が出がちという方は、“肺”の働きが充実していないのが原因かも。漢方の概念である生命活動の原動力となる“気”の流れを調え、肺機能を改善し、上半身のむくみ解消しましょう。

 

肺機能をアップする「漢方マッサージ」

1. 肺機能をアップする経絡上のツボを刺激しましょう。鎖骨と肩の骨の間にあるクボミから親指幅1本分下にある大きさは500円玉ほどの「中府(ちゅうふ)」を痛気持ちいい強さで10秒くらい圧します。
2. 手のひらを正面に向けた状態で、中府から親指の爪(外側)まで、手のひら全体を使って優しくさする。肺の活動の源となる「気」の滞りを改善し、肺機能の向上をサポートしてくれます。

 

■ミランダが火付け役!3分「ドライボディブラッシング」で美ボディに

「ドライボディブラッシング」のポイント

1.お肌表面の血流とリンパの流れを改善することで、むくみが改善。
2.定期的にブラッシングを行うことで、自然に優しく古い角質をとり、お肌の生まれ変わりを内側からサポートしてくれる。

<1日2~3分間の全身のブラッシングによる効果>
・シャイニースキン(肌再生)
・むくみをスッキリさせ、セルライト対策にも
・皮膚温度アップ×体温アップ
・免疫力アップ
・安眠×きれいホルモン分泌アップ
・出産後の妊娠線・たるみの回復に

 

ヨーロッパ発!「リンパドレナージュ」の簡単セルフケア方法

世界中のエステでも展開されているヨーロッパ発の究極のデトックス法「リンパドレナージュ」をブラシ1本で、簡単に再現できます。専用のブラシを使い、お肌のすぐ下を走るリンパや血液の流れに向かってブラッシングするだけのメソッドをご紹介します。

1.まず、身体を「鎖骨から上」「鎖骨からおへそ」「おへそから下」と3分割にします。
2.鎖骨から上の首の部分を、鎖骨に向かってブラッシング。
3.鎖骨からおへその身体の上半身は、中心からそれぞれ左右の腋の下へブラッシング。
4.おへそから下は、そけい部分のパンティラインへブラッシング。

「ドライボディブラッシング」専用ブラシは、ボディケアアイテムを扱うお店や通販などで入手できます。スーパーモデルも実践する美ワザで、一歩先を行くボディケアを。全身が刺激を受けてイキイキするので、若返り効果も期待できるかも!?
(LAR編集部)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

30 代・40 代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle