おもてなし力もUP!涼やか「ペパーミント精油」活用術3つ

ハーブティーやお菓子の香りづけなどでもおなじみの香り「ペパーミント」。夏におすすめペパーミント精油は、ストレスを和らげ、眠気覚ましや冷却、日焼けのアフターケアにもおすすめです。今回は、アロマ講師でもある筆者が、ペパーミント精油を気軽に日々の生活に取り入れられる活用術をご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■春夏にオススメ!ペパーミント活用方法3つ

夏は「簡単冷タオル」で一石二鳥!

帰宅後に、夏の強い日差しを浴びて火照った肌にのせ、汗を優しくふき取りましょう。ひんやりとした心地よさで、火照った肌を鎮めてくれます。また、ℓ-メントールやℓ‐メントンの抗菌・抗炎症作用もあります。また、爽やかな爽快感が味わえるので、気持ちもリフレッシュされ、気分転換にもおすすめです!

<作り方>

(1)洗面器に水を張る
(2)『ペパーミント』の精油を2〜3滴入れて混ぜる
(3)フェイスタオルを入れて、しっかりしみ込ませる
(4)軽く水気を切ってラップで包み、ビニール袋やジップ付きの袋に入れる
(5)冷蔵庫で冷やしておく

 

応用1:急な来客にも涼やかな「おしぼり」でおもてなし!

上記で紹介した方法で、お客様用におしぼりでまとめて作り、冷蔵庫に入れておきましょう。ひんやりとした感触と、ほのかに香る爽やかさで、ワンランク上の夏のおもてなしですね。ご家族やパートナーにも是非、試してみて! 仕事や育児で疲れた時のリフレッシュにも最適!

 

応用2:バスタイムも涼やかに!ペパーミントで香り付け

(1)天然塩大さじ1に対して精油を1~5滴入れてよく混ぜ合わせる
(2)お風呂に入れてよくかき混ぜる。

これだけで爽やかな香りのお風呂に早変わりです!

 

■探してみて!ペパーミントオイルの購入ポイント

ペパーミントは精油の中でも、5ml程度であれば1,000円前後で手に入れることができる、取り入れやすいアロマのひとつです。今は雑貨店やネットでも購入できますが、初心者さんにはアロマテラピー専門店 (「生活の木」や「ニールズヤード」など) での購入がおすすめです。香りの感じ方が微妙に違うので、まずは自分の心地よいと思える香りを探してみてはいかがでしょうか。

また、購入時は、シソ科の多年草、学名『Mentha piperita』で探してみて下さいね。また、筆者のおすすめは、「EXSUS(エクサス)」のメディカルアロマ。気になる方はチェックしてみてくださいね。
※精油は、夏場は特に保管に注意し、直射日光と高温多湿は避け、開封後は早めに使い切りましょう。
(ホリスティックビューティインストラクター 小塚美香)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
アロマを知る 精油とは – AEAJ日本アロマテラピー環境協会
EXSUS CORPORATION

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle