外出中もたるみ防止!今日からできる「スキマ時間の美容習慣」5つ

毎日の通勤時間をどのように過ごしていますか? スマートフォンをいじっていたり、ウトウトしたりしてはいませんか? 通勤時間も少し意識するだけで美容時間になります。今回は、今日からできる通勤美習慣のヒントをご紹介します。

171887141

■今日から始めて!通勤時間にできる美習慣5つ

(1)「口元」を意識する

地下鉄の電車で窓に映った自分の老け顔にショックを受けた経験はないですか? そんな時こそ口角をキュッと上げましょう。口の周りの「口輪筋」という筋肉を刺激することで、頬のたるみを防ぐ効果があります。また、周りの人に顔を見られない位置にいるならば、口の中で舌を回したり、頬の内側を舌で押してみるのもオススメです。

 

(2)周りの「キレイな人」をチェック!

通勤中に思わずハッと目を奪われるキレイな人っていますよね。そういう人の良さを観察して分析してみてください。スタイルやファッション、お肌、メイク、ヘアスタイル、髪のツヤ感、立ち方、座り方、歩き方などなど、よく観察をして自分でも取り入れられそうなことは今日からやってみましょう。

 

(3)美しく立つ

電車で座れなかったときは「よし筋トレできる!」と気持ちを切り替え、つり革につかまり背筋をしっかり伸ばして立ちましょう。両足に均等に体重をかけ、頭の位置をいつもより5cm上に引き上げるような感覚で立つと、全身に力が入ります。

 

(4)立っていてもできる「軽い筋トレ」を

美しく立つことに加えて、余裕のある人はかかとの上げ下げをしたり、つり革につかまっている腕に力を入れたりしてみてください。座っているときは膝を閉じて押し合うようにしたり、腹筋を使って足を床から少し離してキープしたりするだけでも筋トレになりますよ。

 

(5)美容本を読んでみよう

本屋さんで美容本を買ったものの、読む時間がなくて放置してあるという本があったら通勤時間で読むといいですね。夜に読むと朝になったら忘れてしまうという可能性がありますが、朝に美容本を読むとその日の美意識も高くなり、1日の過ごし方が変わるはず!

改めて美容のための時間を作らなくても、少しずつの意識が積もり積もって、きっとあなたを美しくしてくれます。自分を信じて今日からやってみましょう!
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター 山本幸美)

【関連記事】
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

171887141

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle