LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

GW中の1日5分で差がつく!美ボディゲット「コソトレ」エクサ

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「GW中はDVDでも観てゆっくりしよう」と思っている人も多いのではないでしょうか。ただ、このお休みは、理想のボディラインを手に入れる「コソトレ」にトライするチャンス! やり方はいたってシンプルな動作なので、すぐに取り入れられますよ。また、一日に2回程度トライしていけば、下半身のラインに変化を感じ、ついついハマりすぎてしまうおそれも!? やりすぎに注意しながら、気軽にトライしてみましょう。今回は、日常で簡単に取り入れられるトレーニング方法をご紹介します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■「コソトレ」って何?

「コソトレ」という言葉、まだ耳慣れないですよね。なんでも、通勤途中や仕事中、アフターファイブなどの日常生活の動作を「コソッと」トレーニングに変えることだと言われています。

 

■下半身の筋力アップが美力を上げる!?

下半身の筋肉量は、全身の70%を占めると言われており、下半身の筋力が下がれば基礎代謝率も低下します。無駄な体脂肪を削ぎ落とし、ダイエット効果を得るためには、下半身のエクササイズは欠かせないのです。特に大きな筋肉である太ももや「第二の心臓」と言われるふくらはぎは、鍛えておいて損のない部位です。
具体的な働きをみると、太ももは歩いたり、走ったり、引き上げるなどあらゆる動作の時に使われる主要な筋肉。ふくらはぎは走る、飛び跳ねる動作に主に使われる筋肉。このような動作をすることで、太ももとふくらはぎの筋肉は緊張・緩みを繰り返されます。それと同時に筋肉が静脈を圧迫して、血管内の血液をポンプのように送り出され、血液を心臓に戻すのです。

 

■「ハンズアップスクワット」で美ボディをゲット!

 この動作は、太もも前(大腿四頭筋:だいたいしとうきん)とふくらはぎ(ヒラメ筋、腓腹筋:はいふくきん)を刺激していくエクササイズです。さらに、両腕を伸ばした状態で動作するので、二の腕から体幹も刺激され、全身の筋肉を活性化し、細胞の隅々に新鮮な血液が流れます。美肌、冷え、むくみ解消にも効果が期待できるので、じっくりゆっくり動作してください。

(1)右足を大きく前に踏み出し、両手を組んで天井方向に伸ばします。

20150501kazuyo02

(2)そのまま息を吐きながら、右膝、後ろの左膝も90度になるように、ゆっくり腰を下ろします。息を吸いながら左膝が伸びるまで上体を戻し、同じ動作を15回繰り返します。

20150501kazuyo03

(3)反対側も同様に、この動作を15回を目安にトライしましょう。

20150501kazuyo04

いかがでしたか? 時間を決めて朝と夜にやるのも良し、スキマ時間にやるも良し。自分の生活に合わせて、この動作を実践してみてください。身体はあなたの期待に必ず応えてくれるはずですよ。
(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世)

【関連記事】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

20150501kazuyo01

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事