LAR Life&Aging Report

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジンLAR

EXILEが実践!お米の専門家も推薦「おにぎりダイエット」とは

澁谷梨絵

マイスター写真①

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

夏に向けて、ダイエットを考え始めるこの季節。でも、無理なダイエットは、NG! 急激なダイエットは、我慢した反動が大きくリバウンドしてしまうケースが多く、必要な栄養が不足して一気に老け込む可能性も。アンチエイジングの意味でもオススメできません。そこで、今日はEXILEメンバーが実践していると話題の「おにぎりダイエット」をお米の専門家としてオススメします。

6f905531bd9ed338dc88e6a88cf0af22_s

■「おにぎりダイエット」とは?

朝、昼、晩の食事をお好みの具を入れて握った「おにぎり」を食べるだけ。副菜には野菜と、お味噌汁もしくはお漬け物を一緒に食べるとバランスが取れ一層効果的です。夜は「おにぎり」の量を1個にするなど減らして、出来るだけ朝食に多く食べるようにしましょう。EXILEメンバーは、夜に会食やお酒などの席があるので、朝昼の食事を「おにぎり」にして体型維持に努め、「効果的」だとメンバーの中で流行っているそう。

 

■「常温」なら太りにくい!?

「太るからごはんは食べない!」という方には信じがたいお話ですが、お米の専門家からすると実はとても理に適ったダイエット方法なのです。

冷やご飯が太りにくい理由

ご飯はホカホカの状態ではなく、常温に冷やすことで、レジスタントスターチというデンプンに変化。そのデンプンは体内に消化吸収されにくい性質を持っているので、体内には留まりにくく、ダイエット向きと言えます。

 

■「過剰にとらない」がポイント

炭水化物を抜くと、かえってカラダが炭水化物を求めてしまうばかりか、炭水化物が入って来ない分、エネルギーを使用しまいとするため、より太りやすいカラダを作ってしまう可能性も。ご飯の糖分は、物事を考える上で最も重要な「脳のエネルギー」として優先して消化されていくと言われており、過剰に食べない限りは心配ありません。

 

■ご飯はアンチエイジングの味方!?

ご飯は皮膚の新陳代謝を促す亜鉛も多く含まれ、アンチエイジングにも心強い食品。亜鉛が不足すると肌荒れや脱毛など、女性には悩ましい症状を引き起こす可能性があります。

無理なくご飯を楽しみながら健康的にダイエットする方法として、おにぎりダイエットはオススメです!
(お米・雑穀マイスター/薬膳インストラクター 澁谷梨絵)

【関連記事】
OVER30代がバレバレ!?「腰周りの肉」ダイエットのヨガポーズ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ラグジュアリー空間で“プレミアム”なエステ体験をレポート!

12月17日に「ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ」で開催された10周年記念イベントでは、プレミアムなエステ体験ができるスペースを特設。今回は、ブロガーの大村香織さん、越馬千春さんととも …

ストレスで肌老化が進む!?ダメージをケアしてハリ肌に導くスキンケアに注目

敏感肌でなくともお肌が荒れた時、数日を遡れば仕事のミスや誰かとのケンカなどでストレスが原因と感じる事、ありますよね。 肌はストレスを受けると血行不良などで皮膚の温度が下がってしまいます。皮膚の温度が下 …

最新の記事

sponsored by DomohornWrinkle