ズボラ女子必見!気軽に楽しい「アロマ&ハーブ」活用法4つ

アロマやハーブが身体や美容にいいのは知っているし、生活に取り入れたいとは思うけれど、「ゆっくりハーブティーを入れたりディフューザーでアロマを焚いたりするのはちょっと面倒」という方もいるのではないでしょうか? また小さなお子さんなどがいる方だと、なかなか時間がとれないことも多いと思います。今回は、そんな方でももっと気軽にアロマやハーブを使って美活時間を楽しめる方法を提案します。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■アロマ編

インナーに仕込む

コットンに精油を1滴落とし、精油がついた部分が直接皮膚にふれないようにインナーに挟みます。緊張したりイライラしたときにフワッと漂う香りが気持ちを落ち着かせてくれますよ。胸ポケットがある服を着ているなら、ポケットに仕込むのもおすすめ。オフィスなどで周りが気になる方も、この方法なら他の人に気づかれず、自分だけで楽しむことができますよ。

 

シャワーだけの日だって使える!

湯船につかるときは、バスタブに直接3〜5滴程度落としてよくかき混ぜます。シャワーだけで済ませるときは床に3〜5滴精油を落とし、そこに熱めのシャワーを勢いよくかけると香りが蒸気に包まれて広がります。

 

ティッシュやハンカチに直接つける

ティッシュやハンカチに直接精油を1〜2滴つけるだけ。バッグに入れて持ち歩いたり、デスクに置いたりするだけで、香りを楽しむことができます。さらに、寝る時に枕元に置いておくのも◎。

 

■ハーブ編

自分だけのブレンドティーパッグを作る

お気に入りのドライハーブを、100円ショップなどで売られているお茶パックに1回分ずつ詰めてジップロックなどに入れ、冷蔵庫で保存しておきましょう。こうすると、飲みたいときにお湯を注ぐだけでいいのでとても楽ですよ。また、すでにティーバッグになって売られているハーブティーもありますが、量り売りなどで買った方が、自分の症状に合わせてブレンドできる上にリーズナブル! 肌荒れしてしまった時や疲れている時など、自分の体調に合わせて作っておくのもおすすめです。

これなら簡単にできそうですよね。難しく考えず、気軽にアロマやハーブを生活に取り入れてみてくださいね。
(看護師/ホリスティックビューティインストラクター 山本幸美)

【関連記事】
おうちティータイムでアンチエイジング!?トライすべきお茶3選

【参考】
アロマテラピーとは – 日本アロマ環境協会
enherbに関するQ&A – コネクト

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle