LAR Life&Aging Report

アラフォーからの美容を“楽”にする、美容webマガジンLAR

夏本番!ベースメイク崩れを防ぐスキンケアのポイント3つ

NANA

NANA1

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

子供たちの夏休みも始まり、さぁ夏本番です! メイクに関しては紫外線、メイク崩れなど悩みが多くなる季節でもあります。ベースメイクの崩れの主な原因として考えられるのは“化粧水のつけ方”“スキンケアの量”“スキンケアの間隔”の3つです。今回は、この3つの原因を元にベースメイクを崩れにくくするスキンケアのポイントをご紹介します。

e55dc0ce6949d6b450de22848b9b50bf_s

■化粧水はコットンでつけると◎

化粧水をつけるとき、皆様はどうされていますか? 手でつけたり、コットンでつけたり……どれも正解です。 ただ、「メイク崩れのしにくさ」で考えるとコットンがお勧めです。 化粧水をたっぷり含ませて、下から上へ手首のスナップをきかせて、風をおこすようにパッティングします。 顔を冷やすことで、メイクが崩れにくくなります。

 

■化粧品の量ってどのくらい?

次に化粧品の量についてです。化粧水→乳液→美容液…と、きちんとした手順で朝のスキンケアをされているかと思います。 すべてのスキンケア商品をお顔にまんべんなく丁寧に塗ることはとても大事なことですね。

ですが、「メイク崩れのしにくさ」という点で考えると、必ずしも正解ではありません。 崩れやすいTゾーンは乳液を少なくする方がおすすめですし、 逆に乾燥しやすい口周りなどは乳液をしっかりつけます。 つまり、スキンケアに「強弱」をつけることが重要なのです。 崩れにくくするポイントは、ベースメイクで自分の崩れやすいところの油分を少なくすること。 「油分が多いな」と思ったら、水スプレーを顔に吹きかけてティッシュで優しくOFFすると、うまくできます。

 

■スキンケアは“3分間隔”が重要!

最後にスキンケアの間隔も重要です。 化粧水→乳液…と次々つけてしまう方が多いと思います。 ですが、化粧水→3分ほど待つ→乳液→3分ほど待つ…というように、化粧品と化粧品の間に間隔を持たせます。 すると化粧品がしっかり肌になじみ、効果を最大限に発揮してくれます。 したがってスキンケアアイテムの塗りすぎということもなくなり、崩れも少なくなります。

いかがでしたか? まずはご自分のベースメイクの崩れやすいところをチェックして、その部分の油分を少なくしてみてください。 そしてスキンケアが終わった時点で、お顔を手で触った時に「冷たいな」と感じたら、上手に仕上がっている証です。 是非試してみてくださいね。

(ヘア&メイクアップアーティスト NANA)

 

【関連記事】

30歳過ぎたら実践すべし!毛穴の開き・たるみケア3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

e55dc0ce6949d6b450de22848b9b50bf_s

Related Article関連記事

ピックアップ

ごわつき、ガサガサ…それ「老け見え肌」かも?医師が教える、乾燥知らずのツヤ肌ケアとは

透明感あるツヤ肌はすべての女性の憧れ。でも、乾燥や紫外線、加齢による影響など、皮膚は常にストレスにさらされています。 肌のバリア機能が低下すると、乾燥が進み、ガサガサ、ごわつきを引き起こすだけでなく、 …

  • ツヤ肌

美容家も実践!アラフォーからのしみ対策と、「老け見えNG肌習慣」3つ

夏の終わりから秋にかけて鏡の中の自分が「あ、老けた…」と感じたことはありませんか? この時期は、夏の紫外線や空気の乾燥によって肌のごわつきやくすみを感じたり、日焼けによるしみなども目立ちやすくなるとき …

  • 紫外線

最新の記事