まつ毛ダメージは「目元老け」の要因!?効果的な美容液の使い方

美しさの象徴ともいえる、ボリュームまつげ。しかし、エクステやつけまつ毛に頼りっきりで、肝心の自分のまつ毛に自信を持てていないのではないでしょうか? 目元に年齢の出やすいエイジング世代だからこそ、まつ毛ケアでハリつやをアップさせ、自慢のすっぴんまつ毛を育てましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■加齢とともに下がっちゃう!?まつ毛への満足度

アンファーが20代女性を対象に実施した調査によると、まつ毛に対する満足度の平均は57.4点。50代女性を対象に同じ調査を行ったところ、自分のまつ毛に対する満足度は48.7点という結果に。アラサーを境に「本数が減った」「ハリがない」と感じる人が増え、満足度は下がる傾向。一方まつ毛のケアに対しては意識が低く、「何もしていない」と答える人も多いのだそう。

 

■目元が老ける!?まつ毛へのNGポイント

まつげの周りの皮膚はとてもデリケート。過剰なダメージは発毛サイクルを乱す原因になりかねないため、日常的にありがちなダメージに注意が必要です。

・紫外線
・ちり、ほこり、花粉の付着
・ビューラー、エクステ、パーマなどによる過剰な物理的刺激
・落としきれていないアイメイク
・睡眠不足、栄養不足、ストレス

ダメージによって発毛サイクルが乱れると、途中で切れたり抜けたりと、ボリュームが失われてしまうよう。なんと目元のシワやたるみの原因にもなるそうなので、老けて見える要因にもなりかねません。

 

■美まつげの近道はコレ!美容液の使い方

健康でハリのあるまつげを育てたいなら、美容液でのケアは欠かせません! そこで、まつげ美容液の効果をあげるポイントを3つご紹介します。

(1)洗顔後の清潔な状態で塗る
(2)1日、2回(朝晩)塗ると効果がアップ
(3)手のひらで目元をあたため、血行を促進する

また、洗顔の際は、専用のクレンジングを使いアイメイクをしっかりオフしましょう。落とし切れていなかったり、逆に激しくこすったりすることもダメージのもと。ハリのある長いまつげは、エイジング世代の強い味方! 効果が高く、即効性のある美容液も多いので、すぐに実感できそうですね。ケアだけでなく、NG行為によるダメージに心当たりがある方は、今日から見直してみて下さいね。
(LAR編集部)

【関連記事】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方

【参考】
日本女性のまつ毛メイク実態調査 – アンファー
EYEZ 目元の豆知識 – ピー・エス・インターナショナル
まつ毛トリビア まつ毛を伸ばすとっておきの方法がある!? – L’OREAL PARiS
まつ毛トリビア まつ毛美容液って、いつ使うとイイの? – L’OREAL PARiS
「まつ毛」に関する意識・実態調査 – アンファー(PDF)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle