30代・40代結婚式コーデ決定版!?「お呼ばれドレス・ワンピ」の選び方

暖かくなる季節に増える結婚式! 30代・40代ともなると、仕事関係の方の結婚式のお呼ばれも増えますよね。度重なると着るものにも悩んでしまいがち。20代とは一味違う結婚式のお呼ばれドレス選びしてみませんか? 今回は、基本的なドレス選びのマナーも併せてご紹介します。

A184350650

■結婚式にタブー!色選びのコツ

ホワイト

結婚式は花嫁が主役。よく言われる基本マナーとして白、白っぽい色はタブーとされています。花嫁のカラードレスに似た色も花嫁のご機嫌を損ねる可能性があるので、先にドレスの色を訊けるチャンスがあれば、それとなく尋ねてみるのも手です。

 

ブラック

全身黒も喪服を連想するので嫌がられます。ショール、ボレロ、アクセサリーなどで差し色を入れると良いでしょう。

 

■マナー違反!?NGアイテム4つ

ファー・革製品

結婚式というお祝い事なので、ファーや革製品など殺生をしたものも良くないです。特にファーは毛が飛ぶこともあり、食事の席でもある披露宴では避けた方が良いでしょう。

 

配色ワンピース

今人気の配色ワンピも分かれ(別れ)ることから良くないとされていますが、カジュアルなパーティーだとそこまで気にしなくても良いかもしれません。

 

派手な装飾、露出の多い服

あまりに派手過ぎる、露出が多い服装も避けたほうがベター。光り物は写真撮影に影響するので、良くないとされています。

 

サンダル

「妻が先に出る」と離婚を連想させてしまうため、つま先が露わになるオープントゥのものは避け、パンプスにしておいた方が無難です。

 

■30代・40代が着るべきお呼ばれドレスは?

二の腕が気になるなら「袖付きドレス」

定番の結婚式のお呼ばれスタイルは肩出しドレス+ショール・ボレロというスタイル。肩出しドレスは女性らしく華やかですが、ショールやボレロが必要になりますし、二の腕まわりも気になりますよね。 そんな時は、クラシカルで品のある袖付きドレスはどうでしょうか? 年齢的にも可愛いさよりも、場に合ったシックなスタイルの方が好感を持たれそうです。また、30代・40代らしいセクシーさを演出するなら、レース素材や背中の開いたものがオススメ。ただし露出が多いものは、夜のパーティーだけにしましょう。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

大人の魅力引き出す「パンツスーツ・コンビネゾン」

ドレスが多い結婚式、あえてパンツスーツやコンビネゾンはどうでしょう? 綺麗な色や柄物のパンツスーツやコンビネゾンなら、華やかさもアピールできます。脚を出すのに抵抗のある方はパンツスタイルの方が安心ではないでしょうか? ただし仕事着風なスーツはNG! アクセサリーも大ぶりなものを付けてあげましょう。クールビューティーなイメージで大人の女性を演出できるはず。

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

 

「ロングドレス」でスタイルアップ

若い人だと浮いてしまいがちなロングドレスも、30代・40代の女性こそしっくり着こなせますよ。縦長ラインも強調され、グッとスタイルもよく見えます。ハイウエストのものを選べば脚長に! お腹周りが隠せつつ、妊婦さんのように見えないボリュームのものを選ぶといいでしょう。ロングドレスはエレガントになり過ぎたり、目立ち過ぎる、重たく見える場合もあるので、足首以上に裾丈が長いものよりも、足首が見える程度の長さの方が軽快です。

20150513higuchi04

いかがでしたか? 是非、20代とは一味違う着こなしで、大人のエレガントさをアピールしてみましょう。
(レタル店主/デザイナー・パタンナー ヒグチトモミ)

【関連記事】
40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

A184350650

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle