40代「ガウチョパンツ」着こなし術!体型別コーデと選び方

女性であるからには、トレンドのファッションに身を包みたいもの。大人女性であってもその気持ちに変わりはありません。そこで注目したいのが、今年の春夏のトレンド「ガウチョパンツ」。比較的新しいトレンドアイテムなので、コーデに頭を悩ませている方も多いのでは?  でも、選び方や合わせ方のコツをおさえれば大丈夫! 40代以上の大人女性でもキレイに履きこなせるテクニックを、体型別にご紹介します!

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

■体型別!大人女性が選ぶべきガウチョパンツの鉄則

ガウチョパンツと一口にいっても、実は様々な形があります。自分の体型によっても変わってくるので、チェックしてみて下さい。

ぽっこりお腹の人は「タック無し」

ぽっこりお腹や下っ腹が気になる人は、ウエスト周りがスッキリとしたガウチョパンツを選びましょう。ガウチョパンツには「タック」というウエスト周りにひだの入ったデザインのものが多く見られますが、これはウエストの太さを強調してしまう恐れがあるので、避けた方が無難。 また、トップスをウエストにインして着こなすよりも、丈が少し短めのトップスをウエストインせずストンと着た方が、ウエスト周りが強調されず着やせして見えます。

 

背が低い人は「膝下の短め丈」

ガウチョパンツは中途半端な丈のものが多くバランスが取りにくいので、特に背の低い女性には抵抗のあるアイテムかと思いますが、160㎝未満の女性は、膝下くらいの丈を選ぶとバランスがとりやすいです。 合わせる靴はスニーカーなどカジュアルなものではなく、パンプスやプラットフォームサンダルなど、ヒールがあるものを合わせるとキレイに着こせますよ。

 

着太りが気になる方は「細めシルエット」

ワイドなシルエットが基本のガウチョパンツ。「ダボっとしていると下半身が太く見えてしまいそう」と思う方も多いかと思います。そんな方は、適度に細いシルエットのものを選ぶと良いでしょう。スカートと見間違えるかのような、太めシルエットのものは避けましょう。 また、色はダークカラーのものが細く見えます。柄はピンストライプ(細かいストライプ)のものを選ぶと縦長効果大!

上手に取り入れれば夏でも涼しく、おしゃれに、カッコよく着こなすことができるガウチョパンツ。この春、ぜひ一枚手に入れてみてくださいね!

【関連記事】
ガウチョパンツ・シルバー靴・デニムジャケット…30代流の選び方とは

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle