30代・40代の成功率高し!?医師も推奨「ホットバナナダイエット」とは

お洋服が薄くなると気になりはじめるウエストや二の腕。「早くなんとかしなくちゃ!」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。でも、30代・40代に急激なダイエットは禁物。無理な食事制限をしても、筋肉量が減ってしまい基礎代謝が落ちて、「体重は減ったけれど、余計にお腹がポッコリ見える……」なんて悲しい状態になりかねません。そこで医師も推奨する、無理なく始められる「ホットバナナ」ダイエットがオススメ。

147670424

■「ホットバナナ」ダイエットとは?

 ホットバナナダイエットは、便秘外来で有名な松生クリニックの松生院長も推奨しており、焼いたバナナを食べるだけというお手軽なダイエット法です。朝食をホットバナナにしただけで、30代・40代でも1ヶ月で6㎏、12㎏ダイエットできたという実例もある
バナナには、食物繊維の他、ビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールが含まれ、栄養バランスが崩れてしまう心配もなく、健康的にダイエットできます。

 

■「ホットバナナ」の嬉しい効果3つ

(1)便秘太りの解消に

バナナには、水溶性食物繊維とクラフトオリゴ糖が含まれていて、腸内で善玉菌のエサとなり腸内環境美化をサポート。また、緩下剤としても使用されるマグネシウムも豊富で、便秘の解消に◎。

 

(2)素肌美人に

松生医師の研究によれば、バナナを食べることでお肌の水分・油分とも増加したそう。バナナには美肌ビタミン3兄弟(ビタミンB2・ナイアシン・ビタミンB6)が含まれ、お肌の健康を保つだけでなく、身近な食品の中で最も抗酸化力の強い食べ物だそうですから、活性酸素からもお肌を守ります。

 

(3)ストレスフリーで長続き

バナナは、ハッピー物質「セロトニン」の材料となるトリプトファンが豊富。トリプトファンがセロトニンに変換される際に必要なビタミンB6も含まれ、「ダイエットしなきゃ!」というストレスも緩和できちゃうかも!?

 

■ホットバナナの作り方

ホットバナナの作り方は、バナナをトースターで焼くだけ! 朝食に食べることでダイエット効果が高まるそうですが、基本的にはいつ食べてもOK!

ホットバナナのアレンジ方法

●オリーブオイルで焼いて、便秘サポートに
●シナモンやココアをかけて、冷え取りに
●ヨーグルトと混ぜて、さらなる腸内環境美化に
●シリアルと混ぜて、満腹感UPに

バナナは焼くことで水分が抜けて糖度が増すだけでなく、量も減って食べやすくなります。美味しく食べてダイエット効果も期待できるホットバナナダイエットで、夏に向けてスレンダーボディを目指してみてはいかがでしょうか。
(美養フードクリエイター 岩田麻奈未)

【関連記事】
加熱するだけでイイの!?「リンゴでアンチエイジング」レシピ3つ

【参考】
※ゆほびか(2015年5月号)『おいしくて美肌効果と便通効果も抜群!医師も勧める「ホットバナナ」ダイエット』(マキノ出版)
黄色バナナ – バナナ大学

147670424

この記事がためになったら
いいね!してね

sponsored by DomohornWrinkle